お酒を発送する際の注意点

お酒は発送の際に少し注意点があり、その注意点を知る事で「安全」に「最短」で荷物を送る事ができます。
ちょっとしたコツをわかりやすく解説しておりますので、参考にして下さい。

発送に関する注意点

お酒には以下のよう制限があります。

航空搭載地域あてに発送する場合、アルコール度数が24度を超えるアルコール飲料で1容器当たりの容量が5L以上のもの(引火性液体)は航空機による輸送ができません。

航空機による輸送が出来ないだけで引受そのものが可能ですが、全て陸送になりますので配達予定日より1日~4日程度配達が遅れることがあります。
ただし、ゆうパックはアルコール度数が70度以上郵便物・ゆうメール・ゆうパケットはアルコール度数60度以上の商品は引受自体が禁止されておりますのでご注意ください。

ヤマトのウェブサイトには「アルコール類」に関する情報は記載されておりませんが、これは航空会社が決めている条件なので、ゆうパック(日本郵便)の条件とほぼ同じと考えてよいと思います。

 

参考

以下に各業者の航空搭載基準が記載されております。
参考 航空機による輸送ができないものは?日本郵便 参考 危険物貨物についてヤマト運輸 参考 航空搭載できない主な危険品佐川急便


正しい品名の書き方

品名欄に「お酒」と書かれているものが大半ですが、内容品が具体的ではない場合のほとんどが、郵便局で「航空輸送禁止シール」を貼付され、陸送で輸送されます。

「航空輸送禁止シール」は配達する際に剥がして配達する決まりになっておりますので、ほとんど目にすることはないと思います。
「航空輸送禁止シール」で検索すれば、どんなシールか見れると思います。


「航空輸送禁止シール」を貼付されると、全て陸送で輸送されますので、遠方であれば配達予定日より1日~4日程度配達が遅れる場合があります。
それを回避する為にも、適切に品名を記載する事をお勧めします。

 

参考

以下が航空搭載禁止シールです。

 

ダメな記入例

「お酒」
「飲料品」
「商品名」

 

正しい記入例

「お酒 25℃以下 500ml×4」
「ビール」
「日本酒」
「ワイン」

注意
「ビール」「日本酒」「ワイン」は、酒税法上アルコール度数が24度以下であることが明らかな製品となっておりますので、「ビール」「日本酒」「ワイン」と品名に記載しても問題ありません。
お酒のアルコール度数と容量がわかるように記載する事が必要です。


追記:品名の重要性

元郵便局員が教える「正しい品名の書き方」を追加しました。(2018/3/12追記)
荷物を少しでも早く届ける為には品名が最も大事です!元郵便局員が教える「正しい品名の書き方」

コメントを残す