EMS梱包袋の有料化

郵便局で海外に荷物を発送する方法としてEMS(国際スピード郵便)というサービスがありますが、実は今日まで無料で貰えるEMS梱包袋が明日から有料販売となりますのでご注意ください。有料になった上に種類も大幅減になります。

EMS用の梱包袋

今まで無料で貰う事が出来ていたEMSの梱包袋が、明日から有料販売となります。
今まで袋の種類も10種類近くあったんですが、明日からはたった2種類と大幅減になります。
今から無料分を貰いに行っても「在庫ありません」という事で貰えないと思います。

“EMS梱包袋が有料になる”という周知がだいぶ前にあったんですが、その時点から無料分の在庫の仕入れができない状態になっているという事なので、どの郵便局も在庫自体がないというのが現状です。

使ったことがある方ならわかると思いますが、この袋の質は完全に無料のレベルではありません。
ものすごく使いやすく質も良く、海外宛てがメインなので“破損しにくく水濡れにも強い作り”となっていて、かなりしっかりとしています。
自分が客でも使いたいと思えた商品でしたので、これが無料って「郵便局って太っ腹すぎ」と思ったりもしてました。


そもそもEMSはこの梱包袋に入れないと送れないというわけでもなく、梱包自体はサイズと重量以外は厳しい決まりはないです。
袋が有料になるのも当然なのかなと思います。


有料梱包袋の種類

無料から有料販売となり、今まで豊富にあった種類も以下の2種類となります。

EMS封筒① [縦26.0cm×横35.0cm]

耐水性・耐久性にとんだ紙製の封筒で、EMSロゴマーク入りのオリジナル・パッケージです。丈夫な厚紙製ですので、折られたら困るようなA4サイズの書類等の送付にオススメです。(50円)


EMS封筒② [縦30.0cm×横40.0cm]

 
耐水性・耐久性にとんだ紙製の封筒で、EMSロゴマーク入りのオリジナル・パッケージです。B4サイズが折らずに入りますので、書類・商品サンプルなどの送付にご利用いただけます。(70円)

 

参考

以下にEMSオリジナル梱包材の一覧が記載されております。
参考 EMSオリジナル梱包材日本郵便


まとめ

書類用の梱包袋が残り、荷物用やプチプチ入りの封筒や袋が全てなくなった感じです。
経費削減という点では妥当な判断ではないかと思います。

EMSの袋以外で海外に発送する際は、段ボールなども二重構造になっていたり、周りをストレッチフィルムでぐるぐる巻きにして補強する事を強くオススメします。
日本と比べて荷物の扱いが雑ですし、破損したり中身を抜かれる事もありますので、以下によく使われている便利なグッズを紹介します。


便利グッズ

コメントを残す