メルカリで領収書の発行を求められた際にトラブルならずに断る方法

メルカリで稀に領収書の発行を求められる事がありますが、領収書の発行は任意です。
メルカリで領収書の発行を求められた際、郵便事情に詳しい元郵便局員ならではの「トラブルならずに正当な理由で断る方法を」紹介します。

メルカリの利用ガイド

支払又は決済が本サービスに関して必要となる場合、本サービスのオンラインシステムを通じて行われるものとし、その詳細は本サービス中のガイドで定められるところに従うものとします。なお、本サービス利用に関し、ユーザーによって支払われた代金決済についての領収書等は発行されないものとします。

メルカリ的には領収書は発行しないものとしておりますが、あくまで発行は任意でメルカリ的には関与しませんというスタンスです。


領収書の必要性

領収書の必要性は、確定申告がメインだと思います。
確定申告だけなら「誰からいくらで何を購入した」がわかれば十分なので、必ずしも領収書じゃなくても大丈夫です。
取引ページを印刷した分でも問題ありません。


トラブルにならない断り方


「領収書」や「納品書」って信書になりますので、普通郵便で発送する場合のみ同梱できます。
それ以外の発送方法であれば、メルカリ便もゆうパックも宅急便も信書は同梱して送付できない決まりがあります。

これは法律で定められている事なので、きちんと上記の理由を説明すれば大半は理解していただけます。


注意点

メルカリでは受取評価後に売上金が入るシステムになっていますので、評価前に領収書を求められても実際は発行できないと思います。
キャンセルの可能性もありますし、直接現金のやり取りを行ったわけでもありません。

利用明細やコンビニ払いのレシートや控えなどで全く問題ありませんし、売り上げ金やポイントは現金の授受がないので必要ありません。

購入者の支払い方法も不明なので、実際には確認しようがありません。
メルカリでは発行しなくていいとなってますので、きちんとお断りして問題ありません。

コメントを残す