日本郵便が提供するWebゆうプリとタックシールで綺麗な宛名シールを誰でも簡単に作る方法

日本郵便が無料で提供している「Webゆうパックプリント」サービスを活用して、ゆうタックシールで綺麗な宛名シールを作って発送する方法を紹介しております。
凄く綺麗な宛名シールが出来ますので、是非ご活用ください。

第一印象は人も荷物も同じ見た目が大事

荷物を受け取った際の第一印象は、間違いなく梱包状態と宛名です。
人も同じく、第一印象は見た目だと思います。

雑に手書きで書かれた宛名シールの貼付されている適当な梱包の荷物と、きちんと印字された宛名シールが貼付されている丁寧な梱包の荷物では、その第一印象は全く異なると思いますし、評価やレビューにも影響すると思います。

「私、梱包は気にしません!」って方も当然いると思いますが、レビューや評価の6割は梱包に関する内容というデータがありますので、基本的に宛名や梱包は気を使うべき点ではあると言えます。

中身は良い商品だとしても、梱包や宛名で悪い評価レビューだと勿体ないです。
簡単に郵便局が提供するサービスと、宛名シールを使って宛名シールを印字する方法を紹介しますので、是非ご活用ください。

 

郵便局の宛名シール

郵便局の宛名シールがあるのを皆さんはご存知ですか?
自宅や会社に届く郵便物に、よく使われている以下のような宛名シールになります。



上記の宛名シールは、日本郵便の正式な宛名シールになります。
日本郵便の正式な宛名シールと言っても、販売されているわけでも誰でも無料で貰えるわけではありませんが、入手方法はあります。

正式な名称を「タックシール」といい、郵便局員には「ユ00582」と言えばわかります。
ゆうメールとゆうパケットの宛名シールとして使う事が多いですが、定形外に使っても全く問題ありません。

 

入手方法

タックシールは原則的に無料で貰う事はできません。
一番簡単に入手する方法は、メルカリやヤフオクで購入する事だと思います。
特約契約を結ぶという方法もありますが、現実的に考えて少しハードルが高いと思います。

「郵便局 宛名シール」「郵便局 タックシール」などで検索すると見つかります。
常時、販売されているわけではありませんが、価格は50枚で300円くらいなので、かなりお買い得だと思います。

宛名シールを探す場合、こちらを参考にしてください。

ハガキの郵便情報が運営するハガキのウラの梱包品店で、1本100円の厚さ測定定規を販売開始しました。(2018/5/18追記)


ハガキのウラの梱包品店

ハガキのウラの郵便情報が運営しているショップにて、以下のような厚さ測定定規を販売しております。
ヤフーショッピングでは該当カテゴリにて、ゆうパケット用スケール(厚さ測定定規3穴)が売れ筋ランキング1位になりました。


クリックポスト用スケール

ゆうパケット用スケール

YAHOOショップで購入

ネコポス・ゆうパケスケール

あて名シール

BASEショップで購入

YAHOOショップはTポイントを使う事ができますし、BASEショップは各携帯のキャリア決済が可能です。

 

WEBゆうプリ

Webゆうプリ」とは、正式名称を「Webゆうパックプリント」といって、WEB上でラベル(ゆうパック/ゆうパケット/郵便物等)が作成できるサービスになります。
日本郵便がサービスを提供しております。

 

WEBゆうプリの便利な機能

WEBゆうプリは、印字データと追跡情報が連動しておりますので、全てまとめて管理する事ができるので非常に便利です。
「いつ?」「誰に?」荷物を発送し、発送した荷物が「今?」「どこ?」を簡単に一括で把握する事が出来ます。

印字された宛名シールも綺麗ですし、タックシールがあれば見た目の良い宛名シールが簡単に作れる上に、追跡情報や購入者のデータ管理も可能です。

 

利用方法

サービスの利用にはユーザー登録が必要となりますので、こちらより登録してください。
ユーザー登録から荷物・郵便の差出しまでは、以下のような流れになります。
 

 

注意点

ゆうびんIDに登録した住所が、宛名シールを印字する際に差出人の住所として印字されます。
ゆうパケットは個別に変更する事も可能ですが、定形・定形外郵便の宛名を印字する場合、ゆうびんIDの住所を変更する必要があります。
引っ越しで住所が変更となる場合、注意が必要となります。

WEBで集荷依頼すると、ゆうびんIDに登録された場所へ集荷に行きます。
こちらも引っ越しで住所が変更となった場合、ゆうびんIDの住所を変更する必要があります。

変更はWEB上で出来ますし難しい事ではありませんので、現住所をきちんと登録すれば問題ありません。

 

まとめ

ゆうびんIDさえ登録すれば、WEBゆうプリは無料で誰でも使えます。
ゆうびんIDを登録しWEBゆうプリが使える状態になれば、郵便局の宛名シール使用する事が可能となります。

手書きに比べたら手間も時間もかかりませんし、住所や名前の書き損じによる発送トラブルも大幅に軽減されます。
自宅にプリンターやない場合やパソコンがない場合は、郵便局のアプリを使ってゆうプリタッチでも同様の宛名シールを作成する事ができます。
 

参考

以下にゆうプリタッチで宛名シールを作成する方法を記事にしおります。
日本郵便アプリを活用して宛名ラベルの手書き不要で、「ゆうパック」または「ゆうパケット」を簡単・便利に発送する方法

コメントを残す