郵便物の集荷廃止に伴って郵便局が後納ポストインを推奨してるので元郵便局員が良い点と悪い点を詳しく解説します

2018年7月1日から全国的に郵便物の集荷が廃止となりますが、日本郵便は後納ポストインの利用を推奨しております。
あくまで利用は任意ですが、後納ポストインのサービス内容の詳細と、利用する際のメリット・デメリットについて元郵便局員が詳しく解説します。

後納ポストイン

日本郵便が指定した専用ケースに、後納郵便物や後納郵便差出票を納入し、指定した郵便差出箱(ポスト)に差し入れられた後納郵便を引き受けるサービスです。

2018年7月1日から郵便物の集荷が廃止となりますのが、日本郵便は後納ポストインを推奨しています。


専用ケース

上記の専用ケースは、日本郵便が最大3個を上限として貸与されます。
専用ケースに入れずにポストに差し入れすると、無条件で返還されます。


良い点

  • 最寄りのポストに差し入れするだけなので便利
  • 24時間いつでも好きな時間に差し入れできる


悪い点

  • ポストに入らない郵便物は窓口に行く必要がある
  • 利用できる郵便物に種類や通数に制限がある
  • 特殊サービス利用時は窓口に行く必要がある
  • 差し入れできるポストが決められている
  • 集荷に比べたらサービスレベルが落ちる
 
 
正直、良い点は無理矢理に探しました。
悪いサービスではないと思いますが、表面だけではわかりにくい部分がありますので、きちんとサービス内容を理解していないとトラブルの原因になります。

特にポストに差し入れする時間にもよりますが、午後の収集時間以降にポストに差し入れすると、集荷時に比べたら約1日程相手に到着するのが遅くなりますし、速達も無意味となります。
こういう部分は、郵便局がきちんと説明しない限り、利用する側は全くわからないと思いますので、ご利用前に「差し入れが出来るポスト」「各ポストの最終の収集時間」くらいは把握しておくべきだと思います。
承認局に電話すると利用できるポスト一覧表をくれますし、収集時間は各ポストに必ず書いてあります。


サービスフロー

  • STEP.1
    差し入れ
    専用のケースに後納郵便物と後納差出票を納入し、郵便差出箱(ポスト)に差し入れします。
  • STEP.2
    取集
    決められた時間に、郵便局の取集担当者がポストから回収します。
  • STEP.3
    引受
    収集された郵便物は、引受検査や後納郵便物として差立て処理されます。
  • STEP.4
    専用ケースの返還
    専用ケースは、郵便物と一緒に配達員が差出人に返還します。
 
上記が、後納ポストインのサービスフローとなります。
専用ケースをポストに差し入れて、専用ケースが返還されるまで1~2日程かかると思いますので、後納ポストインの利用頻度に応じて、貸与される専用ケースの個数は考えた方がいいと思います。

毎日ポストインするのであれば、最低でも2個は必要になると思います。


ポストインが可能な条件と対象郵便物

後納ポストインは、誰でも利用できるサービスではありませんし、いくつか利用条件があります。
郵便物の種別によって、ポストインの可否もありますので、具体的に解説します。


利用条件

以下の条件を全て満たす場合のみ、後納ポストインを利用する事ができます。

  • 日本郵便と料金後納契約を行っている事
  • 郵便差出箱(ポスト)の取集局を後納郵便物の利用局としている事
  • 利用局の郵便物配達受持区域内に住所又は居所を有する事
 
後納ポストインなので、後納契約をしている事が利用の前提となります。
基本的にポストインができるのは、利用局が管轄するポストのみとなりますので、会社と自宅を管轄する郵便局が違う場合などは、仕事帰りに自宅の近所にあるポストに差し入れるなどはできません。


対象郵便物

対象となる郵便物が多いので、以下に該当する郵便物は後納ポストインが利用できません。

  • 低料第三種郵便物
  • 通信教育用郵便物
  • 特定録音物等郵便物
  • 学術刊行物郵便物
  • 特殊取扱とする郵便物(速達・年賀特別郵便を除く)
  • 特別料金が適応される郵便物
  • 料金割引が適応される郵便物
  • ゆうパック全般
  • EMS
  • 国際郵便物全般
 
注意
原則的に、ゆうパック等の荷物は対象外となります。
特別運賃が適応される郵便物の場合、投かんしたポストが特別運賃の承認局の管轄内である事が原則です。
国際郵便物は、利用局にお問い合わせください。


お申込み方法

料金後納契約を行っている事が前提となります。
後納契約を行っている場合、「後納郵便物等の郵便差出箱への差入れに関する案内書」に承諾し、利用局に申出書を提出すれば後納ポストインが利用可能となります。
 

参考

以下に料金後納について記事を書いております。
安く荷物を送るなら特約契約する前に料金後納にして下さい!料金後納の条件や担保について元郵便局員が解説します。


郵便物の返還

以下に該当する場合、差出された全ての郵便物が申出人に返還されます。

  • 専用ケースに納入された後納郵便物の種類、金額、通数が後納郵便物差出票の記載内容と符合しない場合
  • 専用ケース内に、差出ができない郵便物が納入されている場合
  • お客様が自身で準備したケースに納入されて差入れされていた場合
 
上記に該当する場合、郵便局で処理が出来ないので申出人に返還されます。
特に一番多いのが「簡易書留」を納入するケースが多く、速達以外の特殊サービスは基本的に差入れする事ができません。


よくある質問と回答

 

郵便物が多く2つの専用ケースに分割して入れる場合、後納差出票は一括して大丈夫ですか?

2つに分割する場合、それぞれに後納差出票が必要となります。
それぞれに納入してる郵便物の通数と種類に分けて、後納差出票を作成する必要があります。

 

後納利用局と特別運賃の承認局が異なる場合、どのように対応したらいいですか?

特別運賃承認局に連絡し、後納利用局でも特別運賃で差出ができる手続き(後納郵便物等他局差出承認請求書)を行う必要があります。

 

何時までにポストインすれば当日の消印になりますか?

各郵便局や各ポストにより、取集の時間が大幅に異なりますので一概に言えません。
ポストに記載されている時間の前にポストを開ける事は、原則的に禁止事項とされてますので、それまでにポストインすれば原則的に大丈夫だと思います。
事前に利用局に確認する事を強くお勧めします。

 

特別料金が適応される郵便物とは?

郵便区内特別郵便物等が該当し、同一差出人から差し出される定形郵便物または定形外郵便物です。

 

料金割引が適応される郵便物とは?

区分郵便物や広告郵便等が該当し、一定条件を満たす事で特別な割引が適応される郵便物です。

 

特殊取扱とは何ですか?

速達・書留・引受時刻証明・配達証明・内容証明・特別送達・特定記録郵便・代金引換・年賀特別郵便・配達日指定郵便などになります。
後納ポストインの場合、速達以外の特殊取扱は全てご利用できません。

 

後納ポストインって集荷の代用にはなりませんよね?

はい、集荷の代用としての利用となるとかなり厳しいと思います。

 

日本郵便の説明がわかりづらいです

確かに公式サイトでも説明が不十分だと感じます。
何かご不明点がございましたら、わかる範囲ですがお答えさせていただきますので、ご遠慮なくお問い合わせいただければと思います。


追記:後納契約の必要書類

後納契約の必要書類と記入方法について記事を追加しました。(2018/10/6追記)
料金後納関連の各種書類と記入例を元郵便局員が解説します(必要書類のダウンロード可)

コメントを残す