国際郵便・国際小包・EMSに関するトラブル対処法とよくある質問まとめ

日本郵便の公式サイトに紹介されていない「国際郵便・国際小包・EMSに関するトラブル対処法とよくある質問」を、元郵便局員が「実務経験」に基づいて解説します。
ご不明な点がございましたら、お問い合わせいただければ対応します。

EMS

自分でEMSのサイズを計測したら170サイズ以下なのに、郵便局員が計測すると170サイズを超えます。
サイズを大きくして料金をあげてませんか?

 

ゆうパック等の一般的にな荷物のサイズ計測は「縦+横+高さ」で計測しますが、EMSは「長さ(最長辺)+胴回り」でサイズを計測しなければなりません。
計測方法が少し異なりますので、EMSを発送する場合はEMSの計測方法でサイズを計ってみてください。

 

個別に送ると送料が高くなるので、2つの箱を1つに結束して送る事は可能ですか?

 

ゆうパックであれば「問題ありません」と回答しますが、海外宛ての場合は税関検査の際に開封確認される場合がありますので、紛失・破損につながる危険性が極めて高いです。

 

スーツケースのまま発送しようとしたら、郵便局で「スーツケースの鍵をかけないでください」と言われました。防犯上危険だと思いますが、なぜ鍵をかけたらダメなんですか?

 

税関検査の際に開披される可能性がありますので、鍵をかけない状態でなければなりません。
どうしても鍵をかけたい場合、鍵を付けた状態で発送していただく必要があります。
上記の問題から、できるだけダンボール等に内容品を入れて出していただく事が望ましいと言えます。

 

ゆうプリタッチでEMSのラベルが作れるって本当ですか?

 

ゆうプリタッチが設置されている郵便局のうち、国際郵便ラベルに対応している郵便局に限りますが、送り状やインボイスが印字できます。
(送り状の作成で使用できる言語は英語のみ)


国際郵便


国際郵便物が返還されてきたのですが、返還理由の意味が分かりません。

 

英語表記の場合、変換理由は以下の種類になります。
・RETURN(返還)
・UNKNOWN(宛所に尋ね当たりなし)
・MOVED(転居先不明)
・IN TRAVEL(旅行中)
・REFUSED(受取拒絶)
・DECEASED(受取人死亡)
・UNCLAIMED(保管期間経過)
 
フランス語表記の場合、変換理由は以下の種類になります。
・RETOUR(返還)
・INCONNU(宛所に尋ね当たりなし)
・DÉMÉNAGÉ(転居先不明)
・EN VOYAGE(旅行中)
・REFUSÉ(受取拒絶)
・DÉCÉDÉ(受取人死亡)
・NON RÉCLAMÉ(保管期間経過)

 

国際郵便も税関検査は行われるのでしょうか?または開封検査されますか?

 

物品が含まれている郵便物は、税関検査が行われています。
基本的には手紙は、開封されることはないと思われます。

 

国際郵便物も転送は無料ですか?

 

手紙や印刷物などの通常郵便物であれば無料で転送可能です。


国際小包

みかんの箱が丈夫なので再利用してオーストラリアに国際小包を発送しようとしたら、みかんの箱などは使えないと言われました。なぜですか?

 

検疫の問題です。
特にオーストラリアに送る場合、野菜や果物の絵の入った箱すら使うことはできませんのでご注意ください。

 

木材で梱包した郵便物や木材そのものを送る際、消毒とその証明書を添付しなければならないと言われましたが、どこで証明書を貰えますか?

 

木材は検疫の関係上、送る国によっては消毒とその証明書を添付することを要求されることがあります。
全国植物検疫協会を参考にしてください。

 

税関検査では、全ての郵便物や小包を開封してチェックするのですか?

 

各国の規定による検査なので、正直言って検査内容はわかりません。
ラベルやインボイスを参考にX線検査を通して確認した上で、郵送禁止物品の疑いのあるものやラベルに記載されていない内容品が確認される場合は、開封して確認されると思います。

 

補足
ご不明な点がある場合、最寄りの郵便局へお問い合わせください。
※ 郵便局により対応や回答が異なる場合がございます。

コメントを残す