書き損じた年賀状や余った年賀状を郵便局で切手や通常はがき等に交換してもらう方法を解説します

書き損じた年賀状や余った年賀状を、郵便局で切手や通常はがき等に交換する方法を解説しております。
未使用であれば古い年賀状でも問題なく交換可能です。

交換できるもの

書き損じや余った年賀状は、以下のものと交換する事ができます。

  • 通常切手
  • 通常はがき
  • 往復はがき
  • 郵便書簡
  • 特定封筒
 
※特定封筒とは、レターパックおよびスマートレターになります。


交換手数料

1枚につき5円となり、領収書は以下の通りです。

 

注意
「受入合計」の部分が、交換するハガキの額面上の合計金額となります。
1枚につき5円の手数料が必要となりますが、受入金額から手数料を併殺する事も可能です。


無料で交換できる条件

基本的に年賀はがきの交換には手数料が必要となりますが、以下の条件であれば無料で通常切手・通常はがき・往復はがき・郵便書簡・特定封筒への交換が可能です。

  • 年賀はがきの販売開始日から販売期間終了日までの期間
  • 服喪であることを伝えて、専用の請求書に「住所」「氏名」「亡くなられた方との続柄」などを記入
 
※簡易局では交換できませんので、簡易局以外で手続きしてください。


よくある質問と回答


古い年賀はがきでも大丈夫ですか?

「〇〇年以降のはがきは交換禁止」という決まりはありません。
状態の良し悪しで交換できない事があっても、年代で交換できないという事はありません。

 

交換できない場合もありますか?

汚れがひどく額面が確認できない場合、年賀はがきと判断できない場合、大幅に破れている場合は難しいかもしれません。
破れていても合せて1枚になれば問題ないと思います。

 

古い4円のハガキも交換できますか?

交換可能です。
通常の交換手数料は5円ですが、10円未満のはがきの場合は額面の半額分が交換手数料となります。

 

一度に交換できる上限はありますか?

どのくらいまで対応できるかは、局の規模にも左右されると思いますので一概に言えません。
参考としてですが、個人的に今まで一番多かった方で600枚くらいでした。

 

郵便局で切手に交換して、それを買取換金しても大丈夫ですか?

交換後の使い道は自由です。
バラよりシートのほうが買取価格が高いので、できれば100枚分に揃えて交換する際に「シートでお願いします」と伝えると良いと思います。

 

裏面に印刷する分を間違って表に印刷してしまいましたが、これも書き損じに該当しますか?

書き損じに該当しますので、交換可能です。


お願い

ハガキのウラの郵便情報では、平成最後の年に全国の風景印を収集しようと考えております。
しかしながら、全国に風景印を押印してくれる郵便局は11,162局あり、郵頼による費用だけでも単純計算で2,522,612円となります。

もしよろしければ、使わなくなったハガキ(年賀・喪中を含む)や切手、古くても汚れていても問題ありませんので、風景印のために寄付していただければ嬉しいです。

お問い合わせよりご連絡いただければ幸いです。