荷物を少しでも早く届ける為には品名が最も大事です!元郵便局員が教える「正しい品名の書き方」

郵便局で荷物を発送する際、品名がサービスレベルに影響する事を知ってる人はあまりいないと思います。
適当に内容品を並べるだけでは意味ありませんので、正しい品名の書き方を紹介します。

品名の確認

郵便局から郵便や荷物を発送する際に、郵便局員が中身を確認するのは、航空搭載禁止品や引受禁止品が中に入っていないかの確認は当然ですが、本当は法律で決まっているからです。

以下が郵便法です。

(引受けの際の説明及び開示)
第31条 会社は、郵便物の引受けの際、郵便物の内容である物の種類及び性質につき、差出人に説明を求めることができる。
2 前項の場合において、郵便物が差出人の説明と異なりこの法律若しくはこの法律に基づく総務省令の規定又は郵便約款に違反して差し出された疑いがあるときは、会社は、差出人にその開示を求めることができる。
3 差出人が第1項の説明又は前項の開示を拒んだときは、会社は、その郵便物の引受けをしないことができる。

補足
内容を確認される事が面倒だと感じる事もあるかもしませんが、法律で決まっている事なので仕方ないです。
内容品を確認されるのが面倒なら、「正しい品名」で記載しておけば確認される事もありません。

 

正しい品名に書き方

以下の品目は正しくない品名の書き方になります。

「 」(無記入)
「雑貨・小物」
「お土産」
「書類」
「おもちゃ」
「おもちゃ(電池なし)」
「プラモデル」
「プラレール」
「化粧品」
「パソコン」
「アイドル」
「酒」
「洗剤」
「〇〇類・〇〇等」

 

品名無記載

郵便局の窓口や集荷で発送し、引き受けた荷物の品名が無記入の場合、状況や局によっては始末書レベルです。
コンビニや取扱店からの発送された荷物は稀に無記入のものがありますので、郵便局よりお客様に内容品の確認を電話でさせていただく事があります。

 

雑貨・小物・お土産

雑貨や小物や日用品って便利な言葉なので、ついつい記載してしまいがちになりますが品名にはなりません。
雑貨でも日用品でも具体的に内容を記載する必要があります。

「お土産」も旅行先から荷物を送る際に記載されている事が多いですが、「お土産」も品名ではありませんし、商品名を記載しても品名にはなりませんので、食べ物の場合は「食品」と記載してください。
商品名=品名ではありませんのでご注意ください。

 

書類

ゆうパックでは、信書に該当する書類は送る事ができません。
 

参考

以下に信書について記事を書いております。
信書の定義

 

おもちゃ

「おもちゃ」は具体的に品名にではありません。
“電池が入ってるとダメ”という知識だけあって「おもちゃ(電池なし)」という品名も凄く多いです。
いずれにしても「おもちゃ」は品名ではありませんので、具体的に書いてください。

プラレールやレゴやガンプラなどは、商品名であって品名ではありません。
ガンプラの場合、「プラモデル 接着剤なし」が正しい品名になります。

 

化粧品

化粧品は、具体的な品名になりません。
化粧品の中にはアルコール(引火性液体)が含まれている可能性があったり、スプレータイプの場合は高圧ガスが含まれている事もありますので、危険物質の有無に関する記載が必要となります。
アルコールが含まれていない場合、「化粧水 ノンアルコール」と記載すれば問題ありません。

化粧品の場合、特に多いのがメーカー名や商品名を記載されている事が多いですが、メーカー名・商品名=品名にはなりません。

 

アイドル

こういう品名は、ゆうゆうメルカリ便の伝票に多いです。
カテゴリー名がそのまま商品名になってる事がありますので、QRコードを作成するときに品名を書き換えると良いと思います。

 

お酒もアルコールを含みますので、内容品によってはアルコール度数を記載する必要があります。
 

参考

以下にお酒の発送について記事を書いております。
お酒を発送する際の注意点

 

洗剤

洗剤も業務用などは、内容品によって引受が出来ない物があります。
「アタック」「ボールド」なんて商品名の記載が多いですが、「家庭用洗剤」が正しい書き方です。

 

〇〇類・〇〇等

「食品類」や「衣類等」という感じで、品名欄に多く記載されてます。
「〇〇類・〇〇等」というか書き方は便利ですが、「類」や「等」は削除してきちんと内容品を記載しましょう!


品名とサービスレベル

品名を確認するには大きくわけて2つの理由があります。
1つは上記にも記載しておりますが、法律で定められているので確認しております。
もう1つは引受の可否の判断と航空搭載の判断を行う為です。

荷物を発送し、宛先に届けるまでをサービスレベルと言いますが、これは発送方法ごとに細かく定められています。
そのサービスレベルを一定に保つために“品名を確認する必要”があるという事になります。

例えばゆうパックを東京から福岡に送る場合。
通常、東京で午前中に荷物を発送すれば翌日の夜間には福岡県の相手先に配達されます。
東京から福岡の場合は基本的に空輸となりますので、品名から航空搭載出来ないと判断されれば翌日の夜間には配達できずにサービスレベルが保てないという事になります。

郵便局内の話になりますが、上記のように本来空輸で輸送する地域の場合、事前に品名から航空搭載が出来ないと判断しお客様に説明し陸送で輸送する分には全く問題ありませんが、品名の見落としや確認不足で振替輸送となりサービスレベルを落としたら凄く怒られます。

今はわかりませんが、以前は「〇〇局で〇月は振替輸送が〇件」という風にポータルに掲載されるくらいの事案です。
郵便局にしてもヤマト運輸にしても佐川急便にしても陸送は自社便で輸送してますが、空輸だけはどの業者も航空会社を利用してます。
そのために航空会社の規定を守らないと、今後空輸による輸送が出来なくなる可能性があるので厳しくチェックをする必要性があるという事になります。


ゆうゆうメルカリ便の注意点

ゆうゆうメルカリ便で荷物を発送する場合、QRコードを作成する必要がありますが、その際に以下のような画面になると思います。
 

 
品名欄を見てください。
さすがに誰が見ても「K-POP/アジア」では内容品の判断が出来ないと思います。

メルカリに限らずフリマ・オークション全般で、カテゴリー名が品名になってるいるのが多いです。
基本的に書き換え出来ますので、具体的な品名に書き換える事をオススメします。
 

参考

以下にゆうゆうメルカリ便について記事を書いております。
元郵便局員が教える!ゆうゆうメルカリ便を最速で届けてもらうために絶対やるべき2つのポイント

コメントを残す