日本全国の風景印を集めよう

絶対に失敗しない!スキーゆうパックラベル(往復)の書き方と注意点

スキーゆうパック(往復)ラベルの書き方と、発送時の注意点を元郵便局員が解説させていただきます。

スキーゆうパック(往復)

スキーゆうパック(往復)とは、お客さまのスキー道具を、ご使用日の前日までにゴルフ場・スキー場の施設、空港内の指定カウンター又はホテル・旅館等に配達し、プレー後に自宅まで配達するサービスです。

通常のゆうパックと異なり、荷物の長さ・幅・厚さの合計が 1.7mを超えるもの、又は重量が 30kg を超えるものであっても引き受けることができますが、持ち運びができるようにひもで適当に縛るなど、差出郵便局が必要と認める措置を講じる必要があります。


往復便とは?

往路と復路がセットになっていて、「往路」が自宅からスキー場に配達「復路」がスキー場から自宅に配達と考えるとわかりやすいと思います。

参考

片道便については、下記の記事を参考にしてください。
絶対に失敗しない!スキーゆうパックラベル(片道)の書き方と注意点


差出し時の注意点

専用ラベルに、必要な事項(特にご使用日時は必須)を明瞭に記載してください。
スキーゆうパックには「片道用」と「往復用」がありますので、用途に合わせて専用ラベルを選択してください。
チルドサービス、セキュリティサービス、本人限定受取サービス、代金引換および着払のお取り扱いとすることはできません。
内容品がゴルフ道具だと容易に認定できるよう包装してください。

最も注意すべき点は、撥水・防水・ワックススプレー缶を入れたまま発送しないでください。
輸送先が航空輸送エリアの場合、荷物の中にスプレー缶等が入っていると引受不可や陸送となりますので、配達日数が遅れプレー日時に間に合わなくなる可能性があります。

スキーに使用するとみとめられないものをバッグ等に入れて差し出された場合は、スキーゆうパックの対象にはなりませんのでご注意ください。


受取り時の注意点

指定したスキー場で荷物を受け取る際は、専用ラベルの「ご依頼主控」とパスポート・運転免許証など、本人であることを確認できる資料を必ず持参してください。


スキーゆうパックの種類

スキーゆうパックには「片道用」と「往復用」があります。

 


スキーゆうパックラベルの見分け方

補足
片道用のラベルは、鮮やかな水色なラベルで、左下に「ゴルフ片道」と記載されています。
往復用のラベルは、分かりやすく「往路」や「往復便」と記載されています。


スキーゆうパックラベル(往復)

スキーゆうパックラベル(往復)は、8枚綴りになっています。

(1枚目)

補足
1枚目は伝票記入用です。
荷物を発送する際に必要な情報を全て記載し、引受入力後に控えとしてお客様にお渡しします。
荷物の受取りに控えが必要となりますので、くれぐれも破棄しないようにしてください。
ラベルの枚数が多いので、ボールペンでかなり強く書かないと復路便のラベルの字が薄くて読みづらいことが多々あります。
 
(2枚目)

補足
2枚目は取扱店の控え用です。
コンビニで引受けした際は、郵便局がコンビニから荷物を預かる際に控えとしてコンビニに渡します。
 
(3枚目)

補足
3枚目は郵便局の控え用です。
この伝票は、引受日から10年間も保管されています。
 
(4枚目)

補足
4枚目はちょう付用兼配達証で、スキー場に郵便局員が配達した際に受領印または署名をいただきます。
ちょう付用兼配達証は、配達局にて保管されます。
 
(5枚目)

補足
5枚目は復路集荷指示書と往路お届け先控になります。
赤ライン部分でカットでき、復路集荷指示書の「復路発送予定日」に復路便の集荷を行い、往路お届け先控は往路便を配達した先に控えとしてスキー場等に渡します。
 
(6枚目)

補足
6枚目からは復路用のラベルになり、復路発送原票と復路ご依頼主控になります。
赤ライン部分でカットでき、復路発送原票は復路集荷時に引受局の控えとなり、復路ご依頼主控は復路を発送した際にご依頼主の控えになります。
 
(7枚目)

補足
7枚目は復路ちょう付用と復路取扱所控になります。
赤ライン部分でカットでき、復路ちょう付用は荷物に貼付されたままとなり、復路取扱所控は復路便を発送した取扱店等の控えとなります。
 
(8枚目)

補足
8枚目は復路配達証になります。
復路便の配達がん完了したら、受取人に受領印または署名をいただき、配達局にて1年間保存されます。


ラベルの書き方


  1. ご利用のゆうパックの種類(「スキー」に丸をつけてください。)
  2. お届け先の郵便番号・ご住所・電話番号・受取人さまのおなまえ
  3. ご依頼主さまの郵便番号・ご住所・おなまえ・電話番号
  4. プレー日時
  5. 搭乗日時欄・空港会社/便名欄に斜線を引いてください
  6. 内容品
  7. お帰りの際の発送予定日
  8. ご依頼主さまのおなまえ


専用タグの書き方

スキーゆうパックの引受けには、必ず専用タグを作成が必要となり、お客さまが記入してください。

補足
以前は、片道用と往復用で専用タグが異なっていましたが、現在は上記のタグで統一されています。


よくある質問と回答

 

往復の往路便だけ使えますか?

往路便だけ、復路便だけ、という使い方はできませんので、片道の場合は片道用のラベルを使ってください。 

参考

スキーゆうパック(片道)については、下記の記事を参考にしてください。
絶対に失敗しない!スキーゆうパックラベル(片道)の書き方と注意点

 

スキー靴などを入れるのもダメですか?

原則的に「スキーに使用するとみとめられるもの」であれば、問題ありません。
他にもスノーボード、スキー靴、スキーウェア、着替えが入ったバッグ等は「スキーに使用するとみとめられるもの」に該当します。

 

スキー板やボードのケースカバーってクロネコヤマトのでも問題ありませんか?

全く問題ありませんし、わざわざ買いなおす必要もないです。
郵便局側も「専用カバーは、他運送事業者が販売したものでもかまいません」と周知されています。

 

最大どのくらいのサイズまで大丈夫ですか?

スキーゆうパックは、原則として荷物の長さ・幅・厚さの合計が 1.7mを超えるもの、又は重量が30kgを超えるものであっても引き受けることができます。

 

コンビニからも発送できますか?

コンビニエンスストアなどのゆうパック取扱所もご利用可能です。


追記

現在、ラベルのサイズを記入する部分のデザインが変更されています。