今さら人に聞けない!現金書留を絶対に失敗せずに送付する方法を元郵便局員が解説します

現金を郵便やゆうパックで送れないのは常識ですが、いまだに現金を送付してる人がいるのも現状なので、元郵便局員が現金書留の送付方法を解説します。
法律やマナー違反は、トラブルに発展する可能性もありますのでご注意ください。

現金書留とは?

現金書留とは、現金を直接送ることの出来る郵便です。
現金を送る場合は、「必ず現金書留で送付しなければならない」と郵便法で定められています。

一般的に現金書留を送付される場合は専用の封筒を使いますが、「現金書留」というのは「簡易書留」や「速達」などと同様に、郵送方法のオプションの1つなので、専用の封筒でなければ送付できないという決まりはありません。


封筒の種類

現金書留の封筒には、以下の2種類があります。
大きめサイズは定形外となり、小さめサイズは定形となります。

注意
普通の封筒で送付する事も可能ですが、以下のような「現金書留」と判断できる為にスタンプなどを押す事を強くオススメします。
created by Rinker
¥990 (2018/11/21 22:58:46時点 楽天市場調べ-詳細)


袋を購入できる場所

原則的に「ゆうゆう窓口」か「郵便窓口」で購入する事が可能で、コンビニなどでは購入できません。
ヤフオク・フリル・メルカリでも安く購入できる場合もありますので、購入前に探してみるのもよいかと思います。


料金

現金書留用の封筒は、2種類とも21円で購入できます。
現金書留の送料は、送付する金額によって送料が異なります。

日本郵便の送料を計算できるページにてご確認していただいたほうが間違いないと思います。
参考 ページタイトルサイト名


注意点

現金書留は、ポスト投かん不可ですし、コンビニからも送付する事ができません。
切手を貼付しても、必ず「ゆうゆう窓口」か「郵便窓口」からの手続きを行ってください。



現金書留郵便の出し方

  • STEP.1
    あて先の記入
    封筒に「受取人」と「差出人」の情報を記載してください。
    出来るだけ電話番号の記載もお願いします。
  • STEP.2
    現金を入れる
    あて先などを記入したら、お金を入れてください。
    封入する前にあて先を記入しないと、先にお金を入れてしまうと筆圧でお札に跡が残ったりしますのでご注意ください。
  • STEP.3
    封入する
    現金書留の封筒の場合、封筒の裏に封の仕方が書いてあります。
    手順通りにきっちと封をしてください。
  • STEP.4
    割印か署名をする
    封をしたら、の3ヵ所に割印か署名を行ってください。
  • STEP.5
    郵便局にて送付手続き
    郵便局の「ゆうゆう窓口」か「郵便窓口」にて送付手続きを行ってください。
    その際に必ず「内容金額」を聞かれますので、きちんと把握しておくようにしてください。
    内容金額により送料や損害の適応範囲が異なります。
    送付後に「お問い合わせ番号(追跡番号)」の控えを貰えば、現金書留の送付手続きは完了となります。


複写式の現金書留の封筒

以前の現金書留の封筒は、上記のように複写式となっておりました。
現在でも問題なく使用できますので、使用の際は複写式の部分を全て剥がしてご使用ください。


よくある質問

 

商品券も現金書留で送る必要がありますか?

商品券は現金に該当しませんので、現金書留で送付できません。
商品券は、ゆうパックのセキュリティサービスで発送されるケースが多いと思います。

 

商品券と現金を同封できますか?

全く問題なく同封できますが、「現金」があるので現金書留でのみ同封可能です。
その際の賠償額は、現金+商品券の額面を合わせた金額となります。

 

古銭や海外のコインも現金書留で送付する必要がありますか?

古銭や海外コインは、現金書留で送付できません。

 

普通郵便で現金を送った場合はどうなりますか?

近年、郵便物など現金を送るなど詐欺に悪用される事が問題となり、以前に比べたらかなり厳しくなっております。
疑わしい場合は、差出人への確認やX線検査で内容物を確認を行い、立ち合いの元で開封する事が多いですが、状況により警察に相談するという事になります。

 

現金書留の郵便局留めは利用できますか?

問題なく利用は可能です。
郵便局留については、以下の記事を参考にしてください。

絶対に失敗しない!郵便局留の「書き方」と「受取り方」を元郵便局員が解説します

コメントを残す