絶対に失敗しない!配達時間帯指定郵便(書留)ラベルの書き方と注意点

配達時間帯指定郵便(書留)ラベルの書き方と、送付時の注意点を元郵便局員が解説させていただきます。
普通郵便も時間帯を指定することができます。

配達時間帯指定郵便(書留)

配達時間帯指定郵便(書留)とは、一般書留・現金書留郵便物のお届け時間帯が指定できるサービスです。
午前(8:00-12:00)、午後(12:00-17:00)、夜間(17:00-21:00)の3区分から配達時間帯を指定でき、指定できる時間帯は配達できる最速の時間帯から連続した午前・午後・夜間の3区分です。

配達時間帯指定郵便(書留)のラベルは、コンビニには置いてないですし、ポスト投かんによる送付もできません。
ラベルが必要な場合は窓口にてお伝えください。

※簡易書留はご利用できません。


配達時間帯指定郵便(書留)の種類


 

配達時間帯指定郵便のラベルは、上記のように「書留」と「普通」があります。
送付方法に合わせてラベルを選択してください。(着払不可)


配達時間帯指定郵便(書留)ラベルの見分け方

補足
配達時間帯指定郵便(書留)ラベルは、全体的にラベルの色合いがオレンジになります。
ラベルの右上に「書留」と記載されていたり、ラベルの裏側に「書留用」と記載されています。


配達時間帯指定郵便(書留)ラベル

配達時間帯指定郵便(書留)のラベルは、3枚綴りになっています。

(1枚目)

補足
1枚目は記入用です。
郵便物を発送する際に必要な情報を全て記載し、引受入力後に控えとしてお客様にお渡しします。
 
(2枚目)

補足
2枚目は引受局の控えです。
この伝票は、引受日から10年間も保管されています。
 
(3枚目)

補足
3枚目は郵便物の貼付用です。
1枚目の伝票に記入する際に、筆圧が弱いと貼付用の伝票が全く見えないので、配達時に住所が見えずに困るという事が多々あります。


ラベルの書き方



 
実際にお客様が記入すべき点は、1と2の箇所のみです。
届かない日数で配達希望日を指定されても困りますし、郵便物なので必ずサイズと重量の計測を行う必要があります。
計測後に最速で配達できる時間帯がわかりますので、最速で配達できる時間帯から連続した午前・午後・夜間の3区分の中から時間を指定してください。


時間指定について

配達できる時間帯については、最速で配達できる時間帯から連続した午前(8:00-12:00)、午後(12:00-17:00)、夜間(17:00-21:00)の3区分の中から時間を指定してください。

配達時間帯を指定したら、下記にある専用の時間帯シールをラベルに貼付します。

専用の時間帯シールは、貼付用ラベルの右上に貼付します。
ラベルに貼付すると下記のようになります。


よくある質問と回答

 

配達時間帯指定郵便(普通)の書き方やラベルの見本などありますか?

配達時間帯指定郵便(普通)については、下記の記事を参考にしてください。
絶対に失敗しない!配達時間帯指定郵便(普通)ラベルの書き方と注意点

 

配達時間帯指定郵便料っていくらですか?

定形・定形外郵便に関わらず重さにより料金が異なり、250g = 330円、1kg = 430円、4kg = 700円です。

 

料金の計算方法を教えてください

書留の場合、「郵便料」+「配達時間帯指定郵便料」+「書留料」=「ご利用料金」です。
書留じゃない場合、「郵便料」+「配達時間帯指定郵便料」=「ご利用料金」です。

 

配達は手渡しになりますか?

配達時間帯指定郵便(書留)の場合、配達時に授受印またはサインが必要なので手渡しになります。
配達時間帯指定郵便(普通)の場合、基本的に対面で配達しますが、不在時は郵便受箱に投かんします。

 

ラベルはどこでもらえますか?

郵便局の窓口であれば貰えますが、できるだけ集配局の窓口で確認したほうがいいです。
コンビニを含め、取扱店では送付できないためにラベルも置いてありません。