日本全国の風景印を集めよう

「はこぽす」から「ゆうゆうメルカリ便」が発送できるサービスの実証実験開始について解説

2019年7月10日(水)より「はこぽす」から「ゆうゆうメルカリ便」が発送できるサービスの実証実験が開始されます。
実施されるのは一部の「はこぽす」の設置場所になりますので、設置場所、営業時間、利用方法について元郵便局員が解説します。

サービス内容

ものすごく簡単に言えば、ゆうゆうメルカリ便で発送予定である荷物をはこぽすにいれるだけで発送手続きができるサービスの実証実験という事になります。

今でもブックオフ株式会社のスマート買取(はこぽすType)などは、はこぽすに入れるだけで発送手続きができていたので、システム的な面の実証実験だと思います。

「はこぽす」からの発送は「ゆうゆうメルカリ便」であることが大前提ですが、利用するには少し条件などがありますので、下記に詳しく解説させていただきます。


設置場所

下記の4箇所のみの対応となっております。

  • 八千代郵便局(千葉県)
  • JR東日本新松戸駅(千葉県)
  • JR東日本南与野駅(埼玉県)
  • ローソン ゲートシティ大崎アトリウム(東京都)
 
注意
現時点では実証実験なので、全ての「はこぽす」から発送手続きができるわけじゃありません。
くれぐれもご注意ください。


利用条件

フリマアプリ「メルカリ」で売れた商品を「ゆうゆうメルカリ便」で発送するもので、発送可能な「はこぽす」で発行された専用のゆうパック・ゆうパケットラベルが貼付された荷物。


大きさ・重量

【ゆうパック】
長さ54cm、幅41cm、厚さ24cm以下で、かつ、3辺計100cm以下
重さ25kg以下

【ゆうパケット】
長辺34cm、厚さ3cm以下、かつ3辺合計60cm以下
重さ1kg以下
 

注意
サイズ計測は郵便局が行い、取扱サイズを超えている場合は差出人に返還されます。
ゆうゆうメルカリ便のゆうパックは170サイズまで取り扱いが可能ですが、はこポスから発送する場合は上限が100サイズとなりますし、100サイズでも長さ54cm、幅41cm、厚さ24cm以下となりますので、発送時にはくれぐれもご注意ください。


取扱不可

下記のものは、お取り扱いすることはできません。

  • なまもの、生きた動物、「はこぽす」での受取りに支障があると認める物を内容としているもの
  • 爆発性、発火性、その他の危険性のある物
  • 毒薬、劇薬、毒物および劇物
  • 生きた病原菌および生きた病原体を含有し、または生きた病原体が付着していると認められる物
  • 法令に基づき移動または頒布を禁止された物
  • 再生不能および再発行困難なもの
  • 個人情報を含むもの
  • 現金、小切手類、有価証券、キャッシュカード類、貴金属類、宝石類、美術品および骨董品類
  • 信書
 
注意
フリマだと「香水」の売買もあり、発送する事もあるかと思いますが、原則的に香水は原則お取り扱いできません。
香水で取り扱いが可能なのは、「アルコールフリーの香水」および「練り香水」のみです。
原則的に「はこぽす」で郵便物は差し出せません。
上記に該当する場合、差出人に返還されます。


注意点

「はこぽす」から「ゆうゆうメルカリ便」で発送する際、下記の点にご注意ください。

  • ゆうパックは、1ボックスに1個のみ入庫可能です。
    1ボックスに2個以上(ゆうパケット用ボックスを除く)のお荷物が入っていた場合、「はこぽす」に入れる時点で読み込ませたロッカー入庫用バーコードに紐付く追跡番号以外のお荷物については、差出人返還となります。
  • ラベルはご自身でお荷物に貼付してください。ラベルがないお荷物は差出人返還となります。
  • 品名が不明確な場合、郵便局から荷送人さまへご連絡し、内容品を確認する場合がございますので、発送手続き時にきちんとした品名を入力してください。
  • 引受情報が追跡情報に反映されるのは、郵便局担当者が「はこぽす」からお荷物を取り出し、引受可能なお荷物と確認ができたときなりますので、はこぽすに入れた時点では追跡情報に反映されません。
  • 「はこぽす」で印刷したラベルは、当該「はこぽす」でのみ有効となり、ロッカー入庫用バーコードは印刷後20分間有効です。20分経過すると利用できなくなります。
  • 「はこぽす」は、温度管理を行うものではありませんので、気温・湿度変化に影響がある内容品の発送はお控えください。
 
注意
発送時には上記のような点には注意していただきたいと思いますが、利用前に「メルカリ」アプリ内のガイドラインなどを見ておくと参考になると思います。


発送場所検索・空き状況確認手順

出品時に「ゆうゆうメルカリ便」を指定することが大前提ですが、「はこぽす」から発送する場合、売れた後に発送場所検索・空き状況確認する必要がありますので、確認手順を解説します。
 

STEP.1
商品の売買成立
商品が売れたら「利用可能な郵便局・コンビニを探す」を選択します。
STEP.2
最寄りのはこぽすを探す
「はこぽす」から発送する場合、「はこぽす(受取ロッカー)」のみにチェックをつけ、お好みの選択方法で最寄りの発送可能な「はこぽす」を探します。
STEP.3
空き状況の確認
空き状況を確認した上で、地図で具体的な場所を確認します。
発送手続きを行う前に、必ず空き状況を確認する必要があります。
仮に空き状況が満杯だった場合、はこぽす内の荷物が集荷されるまで待つか、最寄りの郵便局やローソンからの発送となります。
 

ちなみに、空き状況の確認した際に表示される色で状況が確認できます。(下記参照)


「はこぽす」操作手順



「ゆうパケット」の発送手順

STEP.1
発送を選択
「荷物等の発送」を選択します。
STEP.2
利用条件の確認
「利用条件」画面を一番下までスクロールして、「上記、利用条件に同意します」ボタンにて同意します。
STEP.3
2次元コードの読込み
メルカリアプリで出力した郵便局用2次元コードをリーダーにかざします。
STEP.4
ラベルの発行
送り状(ラベル)ロッカー入庫用バーコード(ラベル)が発行されます。
STEP.5
送り状の貼付
送り状(ラベル)を荷物に貼り付け「次へ」を選択します。
STEP.6
入庫準備
ロッカー入庫用バーコード(ラベル)をリーダーにかざします。
STEP.7
入庫作業
ゆうパケットボックス格納扉が開くので荷物をゆうパケットボックスに入れ、扉を閉めます。
STEP.8
作業完了
下記の画面が表示されれば、「はこぽす」から「ゆうゆうメルカリ便」の発送手続きが完了となります。


「ゆうパック」の発送手順

STEP.1
発送を選択
「荷物等の発送」を選択します。
STEP.2
利用条件の確認
「利用条件」画面を一番下までスクロールして、「上記、利用条件に同意します」ボタンにて同意します。
STEP.3
2次元コードの読込み
メルカリアプリで出力した郵便局用2次元コードをリーダーにかざします。
STEP.4
ラベルの発行
送り状(ラベル)ロッカー入庫用バーコード(ラベル)が発行されます。
STEP.5
送り状の貼付
送り状(ラベル)を荷物に貼り付け「次へ」を選択します。
STEP.6
入庫準備
ロッカー入庫用バーコード(ラベル)をリーダーにかざします。
STEP.7
入庫BOXの選択
入庫するボックスを選択し、「確認」を押してください。

STEP.8
入庫
荷物を◎のセンサーの上に置き、扉を閉めます。
STEP.9
控えが発行
ゆうパックラベル控えが発行されます。
STEP.10
作業完了
下記の画面が表示され、「続けて発送」する場合は「STEP6」へ、終了する場合は「終了」をタッチしてください。終了したら「はこぽす」から「ゆうゆうメルカリ便」の発送手続きが完了となります。


よくある質問と回答

 

ラクマやヤフオクも対応していますか?

現時点では「メルカリ」のみの対応となっております。
今後対応していく可能性も大いにありますので、対応時には改めてご紹介させていただきます。

 

メルカリからの荷物であれば何でも発送できますか?

発送方法が「ゆうゆうメルカリ便(ゆうパケット・ゆうパック)」のみに限ります。

 

「はこぽす」から発送する場合の料金はいくらですか?

フリマアプリ「メルカリ」で示している発送料金と同一ですし、「はこぽす」を使用する事により別途料金が発生することはありません。

 

「はこぽす」に入らないゆうパックはどうすればよいですか?

郵便局・コンビニより発送してください。


まとめ

今回のサービスの狙いは、お客さまの発送の利便性向上に加え、人手不足が深刻化している中、お客さま対応に要するオペレーション負荷を軽減するため、無人で荷物を差し出すことができる仕組みが求められているからとの事です。

確かに発送の利便性という点では有難いサービスだと思いますが、そもそも「はこぽす」すら設置されてない地域が多いので、そこまで大幅な変化があるかどうかは疑問です。

何かといえば「人手不足の深刻化」と言われますが、「はこぽす」から発送する人が増えたところで、郵便局側からみたらメリットなんてほとんどないですし、人手不足問題の解決になんら直結してないです。
結局は郵便局員が回収するわけですし、回収した荷物の処理は内務担当者が行いますので、今までと何1つ変わりません。
逆に言えば、その場でサイズ計測を行わないので、確実にサイズ・重量超過、伝票の貼り忘れなどにより差出人返還が増え、内務の処理、外務の配達にも悪影響があると思いますし、販売者と購入者間の発送トラブルにもなりかねないと思います。

メルカリもゆうパケットを廃止して、クリックポスト一択で料金も販売金額より差し引いて、ラベルまで印字できるようにしてしまえば、利用者的にもポスト投かんで済むので圧倒的に楽だと思います。
ゆうパケットなのに1cm、2cm、3cmで料金に差がないのであれば、わざわざゆうパケットである必要性がないのですが、こういう数字って日本郵便のゆうパケットの引受件数に乗せてるのかなとも思います。

今後、はこぽすの設置件数が増えていけば、もっと多くの人にとって利便性が高く質の良いサービスになると思います。

参考

はこぽすの設置場所については、下記の記事を参考にしてください。
「はこぽす」を探すなら「はこぽすマップ」がスゴク便利!設置場所の詳細や利用可能時間がすぐにわかります