新元号「令和」の風景印を集めよう

消費税10%増税で10月1日から郵便料金が値上げ!?「定型郵便物が84円」「はがきが63円」など

2019年10月1日から消費税が8%→10%に増税されますが、それに伴って郵便料金も値上げするという事です。
現時点ではあくまで予定ですが、夏頃に総務省が省令を改正してから正式な決定となると思われます。

増税による値上げ

2019年10月1日より、消費税が現行の8%から10%に引き上げられます。
それに伴って郵便料金も値上げされるという話ですが、現時点ではあくまで予定です。

郵便料金は、日本郵便が値上げしたいと思っても簡単にできるわけじゃなく、総務省が省令を改正してからとなります。
ほぼほぼ改正されると思いますが、現時点ではあくまで予定となります。


予定価格

現時点では、定形郵便が82円→84円、葉書が62円→63円になるという事です。
それ以外についても、全て一律で増税分は値上がりすると思います。

※新価格についは、正式な発表後に記載します。


変更予定日

2019年10月1日からとなります。
原則として新料金適用は、2019年10月1日午前0時となりますので、24時間営業の窓口なんかはそのタイミングで値上げだと思います。
通常の窓口であれば、2019年9月30日の営業終了時間までは旧料金で、2019年10月1日の営業開始時間から新料金が適応されると思います。

ポスト投かん場合、前回2017年6月1日に値上げされた際は、2017年6月1日の最初の収集時刻までは旧料金適用となっていたので、今回も2019年10月1日の最初の収集時刻までは旧料金で適応されると思われます。

集配局前のポストは、早い時間に最初の収集時刻が設定されていますが、局から離れたポストは、最初の収集時刻が遅い箇所もありますので、その日だけは投かん場所の使い分けも大事だと思います。


値下げ検討中のサービス


増税による値上げがクローズアップされてますが、実は速達料金の値下げが検討されています。

どのくらいの値下げされるかは不明ですが、現在の料金は下記の通りです。

郵便物(手紙・はがき)
250gまで +280円(基本料金に加算)
1kgまで +380円(基本料金に加算)
4kgまで +650円(基本料金に加算)
ゆうメール
+320円(基本運賃に加算)

値下げ検討中の理由が、手紙やはがきなど普通郵便の土曜配達を取りやめた場合、月曜まで届かない事態を避けるため毎日配達している速達の利用が増える可能性があるためとの事です。


編集後記

はがきが値上がりするということは、風景印を郵頼する際の台紙に貼付する切手などの最低価格も63円に変更になると思います。
風景印を収集されている方は、注意すべき点だと思います。

値上げについては増税なので仕方ないですが、定形外郵便物(規格外)とe発送サービス関連のゆうパケットは爆上げしていいと思います。
内務的にも外務的にも手間がかかりますし、特にゆうパケットは年々ハイペースで爆増しているので、どこかでテコ入れがあってもいいかと思います。

e発送サービスはコンビニから発送できるという手軽さもあり、以前に比べたら個数が倍以上になってます。
荷物が多いコンビニだと午前の集荷時に20個以上あったりしますし、人口密度や立地条件にも左右されると思いますが、コンビニの店員さんも大変だと思います。

コンビニではサイズ計測を行わないので、サイズ超過による差出人返還のトラブルも少ない数じゃないですし、細かい部分でもう少し改善してくれればと思います。