日本政府が配布する布マスク2枚「アベノマスク」の配達方法

この記事では
アベノマスクについて
解説しています。
葉書野 ウラ
日本政府が新型コロナウイルス対策として、「一世帯に布マスク2枚(通称:アベノマスク)」の配布を決定しました。
日本郵便のシステムを利用して配布するという事なので、具体的な配布方法などを元郵便局員が解説します。

マスクの配達方法

2020年3月5日(木)に、北海道の一部対象地域(中富良野町/北見市)にて国からマスクが配布されましたが、その時は厚生労働省からの日本郵便が委託を受けて、タウンプラスにより、配達対象地域全戸の郵便受箱に配達されています。
対面による配達ではありませんので、普通郵便と同様に自宅の郵便受箱に投かんされます。

今回も日本郵便のシステムを利用して配布するということなので、タウンプラス等を利用して配達されるものと考えられます。
配布される予定のマスクは、一世帯につき布製マスク2枚袋です。


見本

タウンプラスや配達地域指定郵便物(タウンメール)で配布される場合、商品外装の袋に直接ラベルが貼付されているだけになります。


注意点

日本政府が配布するのは、布製のマスク2枚です。
配布は、各家庭の郵便受箱に投かんされますので、手渡しではありません。
感染が拡大している地域から配布するとのことですので、「いつ」「どこから」配布されるというのはわかりません。

日本郵便はSMSで個人情報を求めたりもしませんので、くれぐれも悪質な便乗商法には気を付けてください。
国が配布するマスクは、必ず上記の方法で配布されます。

参考

マスクの送り付け商法については、下記の記事を参考にしてください。
マスクの品薄に便乗した“マスクの送り付け商法”に注意!


追記:発送開始日

アベノマスク(布製マスク2枚)は、13日から配布されるとのことです。
※感染者の多い地域から配布されます。
(2020/4/10)


よくある質問と回答

葉書野 ウラ
「アベノマスク」に関するよくある質問と回答です。

受取辞退はできますか?

受取辞退という制度はありませんが、受取拒否であれば可能だと思います。
受取拒否については、下記の記事を参考にしてください。
元郵便局員が教える!郵便物とゆうパックの適切な受取拒否の方法


市役所での手続きなどが必要ですか?

郵便物として配達されますので、市役所などでの手続きは必要ありません。


テープなどに「タウンプラス投かん拒否」と書いて郵便受箱に貼ると投かんされないとネットに情報がありますが、本当に投かんされなくなりますか?

局や配達員により対応が異なるので一概に言えませんが、投かんしないケースもあれば、投かんされるケースもあると思います。


受取拒否したら誰が拒否したかわかりますか?

タウンプラスであれば、あて名記載がないので基本的にはわからないと思いますが、配達する郵便局員も大きなリスクの中で配達しているので、返送の手間などを考慮していただければありがたいです。