信書の定義

一般常識として知っていそうで実は詳しく知らない人が多い「信書」について、元郵便局員がわかりやすく説明します。
クロネコメール便の廃止も「信書」絡みですので、きちんと理解し正しい方法で送付しましょう!

信書

総務省の「信書ガイドライン」には以下のように記載されています。

「信書」とは、「特定の受取人に対し、差出人の意思を表示し、又は事実を通知する文書」と郵便法及び信書便法に規定されています。

 

特定の受取人

差出人がその意思又は事実の通知を受ける者として特に定めた者です。

 

差出人の意思を表示し、又は事実を通知する

差出人の考えや思いを表現し、又は現実に起こりもしくは存在する事柄等の事実を伝える事です。

 

文書

文字、記号、符号など人の知覚によって認識する事ができる情報が記載された紙その他の有体物のことです。(電磁的記録物を送付しても信書の送達には該当しません)

上記の内容を読んで「なるほど!」って、理解できる方ってあまりいないと思います。
知ってるけど説明が難しい「信書」について、実務で学んだ経験を含めて解説したいと思います。


信書の定義

物凄く簡単に言えば「信書」とは「個人が特定できる」内容が記載されているものです。

郵便物の封筒に「請求書」「納品書」等と記載されてる場合がありますが、これは確実に「信書」に該当します。
不特定多数の方に請求書や納品書を出す事は考えられないので、「個人が特定できる」という判断になります。
「親展」=「信書」と思ってる人もいるみたいですが、親展とは宛名となっている本人が開封して読んでほしいという意味合いですので「親展」=「信書」ではありません。


ダイレクトメールに関しても同じです。
ダイレクトメールも文書自体に受取人が記載されている文書は「信書」になりますが、受取人が記載されていなければ「信書」にはなりません。

参考

以下に日本郵便の信書に該当する郵便物の一覧が記載されております。

参考 信書に該当するもの日本郵便


信書を送れるサービス

「信書」に該当するかしないかという点も大事ですが、「信書」は法律で定められた方法でしか送付できません。
信書を送付されるご利用の際はご注意ください。

 

信書の送付が可能

  • 普通郵便(第一種~第四種)
  • レターパック(ライト・プラス)
  • スマートレター
  • ミニレター
  • EMS

 

信書の送付が不可

  • ゆうパック
  • ゆうメール
  • ゆうパケット
  • クリックポスト
  • 国際小包(一部条件あり)
  • 国際郵便(一部条件あり)
 
注意
ゆうパックは何でもありみたいな感じですが、信書は送れません。
品名が「書類」ならセーフですが、「手紙」と記載していたら信書のみ抜き取ってもらわないといけなくなります。


ヤマト運輸と佐川の対応

ヤマト運輸は基本的に「信書」を扱うことはできません。
佐川急便は飛脚特定信書便というサービスがありますので、それを利用すれば信書の送付も可能です。

コメントを残す