バレンタイン・ホワイトデーにプレゼントを発送する際の注意点と毎年多いトラブルについて元郵便局員が解説します

バレンタインやホワイトデーに遠方の家族や恋人にプレゼント発送する際の注意点と、実際に毎年起こるトラブルについて元郵便局員が解説します。

バレンタインとホワイトデー

バレンタインやホワイトデーに、遠方の家族・恋人にプレゼントを発送される方って結構いらっしゃいますが、バレンタインやホワイトデーは、下記のようなバレンタインやホワイトデーならではのトラブルが多いです。

  • 品名によるトラブル
  • 内容品によるトラブル
  • 指定した日に届かないトラブル
  • 破損によるトラブル
 
各トラブルの詳細と対処方法を解説しますので、遠方の家族・恋人にプレゼントを発送される際に参考になれば幸いです。


品名によるトラブル

品名によるトラブルは日常的に発生しますが、バレンタインやホワイトデーは特有のトラブルが発生します。

「開けてビックリしてもらいたい」
「サプライズで喜んで欲しい」

という気持ちからだと思いますが、「プレゼント」という品名がとにかく増えます。

たかが「品名」だと思われる方もいらっしゃると思いますが、「品名」は内容品を知る上でかなり重要となりますし、遠方であればより重要となります。

局員も振替輸送は極力避けますので、グレーゾーンな品名は電話で確認したり、遠方でも陸送での輸送になると思います。
通常より手間と時間がかかりますので、注意する必要があります。
 

参考

品名の重要性については、以下の記事を参考にしてください。
荷物を少しでも早く届ける為には品名が最も大事です!元郵便局員が教える「正しい品名の書き方」


内容品によるトラブル

品名は内容品を書く必要がありますが、「具体的に」書かなければなりません。

例えば、プレゼントとして「腕時計」や「お酒」を発送する場合、以下のように記載する必要があります。

「腕時計」は「腕時計(リチウム電池なし)」
「お酒」は、「お酒(アルコール〇度・〇リットル)」

遠方であれば航空輸送となりますので、航空搭載禁止の商品があれば陸送となりますので、通常より発送~配達までに時間がかかります。
面倒だと感じるかもしれませんが、非常に大事な事です。
 

参考

リチウム電池については、以下の記事を参考にしてください。
リチウム電池の航空輸送ガイド(内国・国際)  

参考

お酒の発送については、以下の記事を参考にしてください。
お酒を発送する際の注意点


指定した日に届かないトラブル

バレンタインやホワイトデーは、基本的に日付指定で配達を希望される事が多いですが、下記ような理由で希望日に配達できない事がありますので、くれぐれもご注意ください。

  • 品名が具体的でないので振替輸送
  • 内容品が具体的にわからないので振替輸送
  • サービスレベル対象外
  • 自然災害などによる遅延
  • 受取人の不在
 
補足
品名や内容品については、上記に解説しておりますので参考にしてください。
特にバレンタインの時期は、大雪による遅延も発生しますので、余裕を持って発送すると遅延を回避できると思います。
意外と受取人の不在も多いので、サプライズで発送していると在宅時間を確認するのが難しいとは思いますが、出来る限り在宅している確率の高い時間を指定するなどの工夫は必要だと思います。
配達希望日の10日前から引受は可能ですので、余裕を持って発送してください。
 
※振替輸送とは、本来航空輸送するものを陸送での輸送に変更する事です。
振替輸送になると通常より輸送に時間がかかるので、配達指定日が航空輸送でギリギリの場合は指定日に間に合いません。


破損によるトラブル

バレンタインは時期的にチョコレートが溶ける事はないと思いますが、それでも100%大丈夫とは言い切れません。
心配であれば「チルド(冷蔵)」での発送をオススメします。

チルド(冷蔵)で発送する場合、特定局やコンビニからの発送はできませんので、下記より最寄りの集配郵便局を探して発送してください。
全国の集配郵便局一覧(県別リスト)

よくある質問と回答


 

チョコレートと手紙をゆうパックで送れますか?

ゆうパックで信書を送る事はできませんので、手紙が信書に該当する場合はゆうパックでは発送できません。

 

レターパックって日付指定できませんか?

レターパックライト、レターパックプラスともに日付指定はできません。
レターパックプラスであれば、不在による再配達で日付指定する事はできますが、レターパックライトはポスト投かんなので、例外を除いて原則的に不在による再配達はありません。

 

確実に2月14日に届けて欲しいのですが、絶対に大丈夫な方法を教えてください。

確実と言われると保障できませんが、品名をきちんと書いて、日付指定を行って早めに発送するしかないと思います。
2月14日指定日配達であれば、2月4日から発送する事ができますので、賞味期限等を確認した上で発送してください。

 

中身を知られたくので、品名を書きたくないのですが良い方法はありませんか?

品名の記載を求められている発送方法であれば、原則的に品名未記載での発送はできません。
品名を書きたくないという点だけであれば、普通郵便であれば品名を書く必要がありません。
ちなみに普通郵便でも別途料金は発生しますが、追跡や配達日指定も可能です。


まとめ

上記にも解説しておりますが、「品名」「発送日」は重要です。
品名1つで配達指定日に間に合わない事もありますし、物理的に無理な配達日を指定しても配達できません。

「余裕をもって発送する事」「きちんと品名を書く事」の2つを行うだけでトラブル回避できます。

局により少し対応が異なる場合がありますので、ご不明な点は最寄りの集配局に確認されると良いと思います。