インボイスの書き方と注意点

国外に荷物を送る際に必要となるインボイスの書き方と注意点、インボイスと税関告知書の違いなどについて元郵便局員が解説します。

インボイスとは?

インボイスとは、国外に物品を送るときに税関への申告、検査などで必要となる書類です。
相手国での輸入通関をする際に必要となりますので、英語、フランス語またはあて国で通用する言語で正確に記載してください。
国によって必要となる書類の種類や枚数が異なる場合がありますので、必ず事前にご確認ください。

参考

内容品の英訳については、下記の記事を参考にしてください。
国際小包・EMSなど国際関連の品名の書き方と正しい内容品の英語訳を解説


税関告知書とインボイスの違い

税関告知書とインボイスを同じと思い、インボイスを出さない方もいらっしゃいますが、税関告知書とインボイスは全く別の書類です。
EMSや国際小包のラベルを使って国外に荷物を発送する際、税関告知書は下記のようにラベルと一体化しております。

インボイスと税関告知書の違いを簡単に言えば、税関告知書とは荷送人(荷物を送る人)が税関に申告する書類で、インボイスとは税関告知書に申告した内容が正しいことを証明する書類となります。


インボイスの書き方



  1. 差出人様氏名と正確な住所、電話番号を記入してください。
  2. 受取人様氏名と正確な住所、電話番号を記入してください。
  3. 作成年月日、作成地を記入してください。
  4. 小包ラベルまたはEMSラベルの番号を記入してください。
  5. 発送手段を記入してください(国際小包の場合「Parcel Post」、EMSの場合「EMS」、その他の場合 「International Mail」と記入)。
  6. 該当する箇所にチェックを入れてください。
  7. 内容品について具体的な品名、正味重量、数量、単価、品名ごとの総額、合計額を記入してください。 「生活用品」などのあいまいな記入は避けてください。
  8. 通貨を明記してください。(JPY US$等)
  9. 内容品の外装の総個数、総重量、原産国名を記入してください。
  10. 差出人様の署名を記入してください。


入手方法

 
補足
日本郵便の公式サイトからダウンロードすることができます。
Microsoft(R)Excelのインボイスフォーマットに、直接入力してインボイスを作成することができます。
参考 インボイス日本郵便