元郵便局員が教える!引受不可のヘアカラーを海外へ発送する方法

この記事では
ヘアカラーの海外発送について
解説しています。
葉書野 ウラ
ヘアカラーを海外へ発送する正しい手順や製品安全データシート(MSDS)の取得方法を元郵便局員が教えます。

ヘアカラーの取扱について

ヘアカラーは引火性物質を含みますので、一般的には配送先国に関わらず発送する事ができません。
しかし、実は製品安全データシート(MSDS)を添付し、正しい手順通りに手続きを行えば海外にもヘアカラーを発送できます。


製品安全データシート(MSDS)とは?

製品安全データシート(MSDS)とは、メーカーが発行する「商品の安全性が証明できる書類」で、商品の細かい成分などが記載されています。

メーカーが発行する製品安全データシート(MSDS)は、個人で取得する事ができません。


製品安全データシート(MSDS)の取得方法

メーカーが発行する製品安全データシート(MSDS)は、個人で取得する事ができません。
直接メーカーに電話してお願いしても、絶対に個人あてには発行してくれませんが、実は郵便局からメーカーに連絡すればメーカーが発行する製品安全データシート(MSDS)を取得する事が可能です。
特に大手であれば製品安全データシート(MSDS)の発行は多いので、スムーズに発行していただけます。

ホーユーさんの商品であれば取得できます。


ホーユーさんの商品になりますが、上記の商品の製品安全データシート(MSDS)を取得したい場合、ホーユーさんに直接電話して「海外に送りたいので製品安全データシート(MSDS)が欲しい」と伝えてください。
結果的に「個人には送れないので、郵便局の方からお電話をいただければFAXにて送信をします」という内容の回答を得ると思います。

郵便局から連絡する際の連絡先などを聞いた上で郵便局に行き、局員に事情を説明すれば対応していただけます。
製品安全データシート(MSDS)の取得は差出人が行うことなので、全ての作業を丸投げしても郵便局では対応できませんし、製品安全データシート(MSDS)がなければ引受不可となるだけです。


注意点

全ての商品に対してメーカーが製品安全データシート(MSDS)を発行してくれるわけではありません。

日本製のヘアカラーは海外でも人気があり、かなりの頻度で発送される方も多く、発送される商品の大半がビゲンのヘアカラーが多かったので、今回紹介させていただいております。

製品安全データシート(MSDS)の取得に関しても、日常的に海外宛の荷物を扱うことが多い局であればスムーズに対応してくれますが、全く海外宛の荷物を扱わない局では見当違いの対応を行われるかもしれませんのでご注意ください。