新元号「令和」の風景印を集めよう

ゆうゆうメルカリ便で「データの連携が確認できませんでした」と表示されて発送通知が送れない場合の原因と解決方法

ゆうゆうメルカリ便で「データの連携が確認できませんでした」と表示され、荷物の発送通知が送れない場合の解決方法を解説します。
取引キャンセル・荷物の取戻し・事務局への連絡をしなくても簡単に解決できます。

エラー内容

ゆうプリタッチやロッピーでQRコードを読み込ませて、レシートを発券後に通常通りに発送手続きを行います。
発送手続き後に、発送通知を送ろうとすると「データの連携が確認できませんでした」と表示されて発送通知が出来ないエラーです。

頻度が高いエラーではありませんが、稀に発生するエラーです。
対応を間違うと物凄く面倒な事になりますので、以下に対応手順を解説します。


エラー時の対応


STEP.1
落ち着いてください
初めてのエラーが表示されると焦ってしまいますが、とりあえず落ち着いてください。
お手元のスマホで手順通りに対応すれば、比較的簡単にご自分で対応できます。
STEP.2
QRコードの表示
エラーが発生した商品の、QR(二次元)コードをスマホに表示させてください。
STEP.3
発送方法の変更
対象となる商品のQR(二次元)コードを表示したら、二次元コードの下にある「発送方法の変更」をタップして、別のサイズを選択してください。
STEP.4
サイズの修正
一度、別のサイズを選択し、その後に正しいサイズを選択すれば発送通知が表示されます。
STEP.5
発送通知
発送通知が表示されたら、そのまま発送通知を押してください。
発送通知が押せれば解決ですが、稀にそれでも押せない時がありますので、念のためにシステムエラーについても解説しておきます。


システムエラー

上記の手順でも解決しない場合、メルカリのお知らせに「システムエラーの発生状況」がないか確認してみてください。
日本郵便のシステムエラーが発生してる場合、以下の事象が発生する事があります。

  • 発送通知の連携が遅れる
  • ゆうパックの徴収料金が正しく行われない
  • 郵便局・コンビニ受取の受取通知通知が来ない
 
システムエラーが発生して上記のエラーが確認された場合、基本的に放置するしか対処方法はありません。
システムエラーが復旧すれば発送通知が押せるようになりますし、その際に発生した送料も適正価格に訂正されますし、郵便局・コンビニ受取りの受取通知も届きます。


ご注意

このケースに限っては、上記の対応で問題なく解決します。

「再出品」や「取引を一度キャンセルするしかない」と、メルカリボックスではアドバイスされてますが、そこまで行う必要もなく解決できます。


エラー関連

ゆうゆうメルカリ便で「利用不可能な文字が使われております」と表示されて発送手続きが出来ない場合の解決方法 ラベルが印字できない!二次元コードが読み込まない!一般的に知られていないある方法でゆうプリタッチのエラーを確実に解決する裏技を教えます