日本全国の風景印を集めよう

絶対に失敗しない!本人限定受取郵便等の「差出し方」と「受取り方」を元郵便局員が解説します

本人限定受取郵便って基本的に重要な書類が多いです。
絶対に失敗しない!本人限定受取郵便の「差出し方」と「受取り方」を元郵便局員が解説します。

本人限定受取

本人限定受取とは、郵便物等に記載された名あて人または差出人が指定した代人一人に限り、郵便物等を配達するサービスです。
本人限定受取は「基本型」「特例型」「特定事項伝達型」の3種があり、種類によって「本人確認レベル」「配達サービスの有無」「本人確認情報の差出人への伝達の有無等」が異なります。


利用可能なサービス

本人限定受取は、以下のサービスに利用できます。
(△)の印があるサービスは、本人限定受取(特定事項伝達型)の利用ができませんので注意ください。

  • 第一種郵便物(定形・定形外郵便物等)
  • 第二種郵便物(はがき等)
  • 第三種郵便物(雑誌・定期刊行物等)
  • 第四種郵便物(学術刊行物等)
  • ゆうパック(△)
  • 点字ゆうパック(△)
  • 聴覚障がい者用ゆうパック
  • ゆうメール(△)
  • 心身障がい者用ゆうメール(△)


利用可能なオプション

本人限定受取は、以下のオプションサービスと併用できます。

  • 一般書留
  • 現金書留
  • セキュリティサービス
  • 速達
  • 代金引換
  • 引受時刻証明
  • 配達証明
  • 内容証明
 
MEMO
郵便物・ゆうメールで本人限定受取を利用する際、簡易書留は不可となります。
ゆうパックで本人限定受取を利用する際、セキュリティサービスとする必要があります。
代金引換の場合、特定事項伝達型は併用不可となります。


利用料金


本人限定受取郵便等の「差出し方」


本人限定受取郵便物等を差出す場合、宛名面の中央部に朱色の二本線を表示する必要があります。
「基本型」「特例型」「特定事項伝達型」、それぞれの表記方法を紹介します。


基本型

郵便物等の表面(あて名が記載されている面)の見やすい所に「本人限定受取」と記載してください。
「本人限定受取」に相当する文字でも問題ありませんが、一般的に「本人限定受取」と記載した方が良いです。


特例型

郵便物等の表面(あて名が記載されている面)の見やすい所に「本人限定受取(特)」と記載してください。
「本人限定受取(特)」に相当する文字でも問題ありませんが、一般的に「本人限定受取(特)」と記載した方が良いです。
電話番号の記載は義務ではありませんが、できるだけ記載するのが望ましいです。


特定事項伝達型

郵便物等の表面(あて名が記載されている面)の見やすい所に「本人限定受取(特伝)」と記載してください。
「本人限定受取(特伝)」に相当する文字でも問題ありませんが、一般的に「本人限定受取(特伝)」と記載した方が良いです。
電話番号の記載は義務ではありませんが、できるだけ記載するのが望ましいです。
「転送不要」の表記と、あらかじめ付与された追跡番号(バーコード)を表記する必要があります。
 
注意
特定事項伝達型の場合、あらかじめ差出郵便局に利用の申請が必要となります。
料金後納(料金を後納とする料金計器別納を含む)のみとなりますので、後納契約していないと利用する事ができません。
 

参考

料金後納については、以下の記事を参考にしてください。
安く荷物を送るなら特約契約する前に料金後納にして下さい!料金後納の条件や担保について元郵便局員が解説します。


本人限定受取郵便等の「受取り方」

以下に、本人限定受取郵便物等の受取り方を解説します。
特定事項伝達型は取り扱いが厳しいので、旧住所が記載されている本人確認書類が提示され場合、口頭質問による確認を行わないため、郵便物が受け取れません。


基本型

郵便局から「到着通知書」があて名人へ送付されてきますので、名あて人ご本人様が、以下のものをお持ちの上、到着通知書に記載されている郵便局でお受け取りください。
配達での受取はできません。

  • 本人確認書類
  • 印鑑
  • 到着通知書


特例型・特定事項伝達型

郵便局から「到着通知書」があて名人へ送付されてきますので、名あて人ご本人様が、以下のものをお持ちの上、到着通知書に記載されている郵便局でお受け取りください。
配達での受取を希望される場合、希望日・時間帯をご指定ください。
配達の場合、「到着通知書」は不要です。

  • 本人確認書類
  • 印鑑
  • 到着通知書


よくある質問

 

本人限定受取を受け取らなかった場合、どうなりますか?

一定期間の保管後に送り主に返送されます。
保管期限については、「到着通知書」に記載されていると思います。

 

到着通知書ではなく、郵便局から電話での確認もありますか?

基本型以外であれば、電話での確認を行う事もあります。
基本型の場合、基本的に「到着通知書」が送付されてくると思います。

 

到着通知書の紛失した場合、到着通知書なしでも受取りできますか?

厳密に言えば、「到着通知書」は必須ではないんですが、「基本型」は局によっては受取りできないです。
「特・特電」であれば、本人の自宅(差出人が指定した住所)への配達で「到着通知書」がなくても受取りできます。
基本型の場合は、担当局へ連絡して再発行を希望すれば問題ありませんが、保管期日以内に行う必要があります。

 

通信事務郵便っていう何ですか?

通信事務郵便については、以下の記事を参考にしてください。
通信事務郵便(特例型・特定事項伝達型)と通信事務郵便(依頼信)について元郵便局員が解説します