特定封筒郵便物のサービス内容と注意点について

特定封筒郵便物のサービス内容と注意点について、元郵便局員がわかりやすく解説します。

特定封筒郵便物

特定封筒郵便物とは、分かりやすく言えば「レターパックプラス」「レターパックライト」「スマートレター」の事で、第一種郵便物(定形外郵便物)として扱われ、運賃も特別料金となります。

制度上の正式名称としては、レターパックプラスは交付記録郵便とする特定封筒郵便物、レターパックライトは交付記録郵便としない特定封筒郵便物、スマートレターは小型特定封筒郵便物といいます。


スマートレター


利用時の注意点

  • 料額印面が汚染、き損しているものは引受不可
  • 封筒が著しく破れているものは引受不可
  • 封筒の一部加工、一部切取りをしたものは引受不可
  • 返金および換金や印紙との交換不可
  • 配送途中に事故があった場合でも、損害賠償はありません
  • 現金・貴金属等の貴重品は送付不可
  • 速達等のオプションサービスは利用不可
  • 日曜日および休日の配達は行われません
  • 海外あては送付不可


サービス概要

差出方法 郵便窓口・ポスト投かん
料金 180円
形状・重量 厚さ2cm・重さ1kg以内
配達方法 郵便受箱へ配達
日曜日・祝日 配達しない
追跡サービス 追跡なし
信書の送付 送付可能


レターパックライト


利用条件

  • 重さが4kgを超えるものは引受不可
  • 厚さ3cmを超えるものは引受不可
  • 封筒の一部加工、一部切取りをしたものは引受不可
  • 配送途中に事故があった場合でも、損害賠償はありません
  • 現金・貴金属等の貴重品は送付不可
  • 速達等のオプションサービスは利用不可
  • 返金および換金や印紙との交換不可
  • 海外あては送付不可


サービス概要

差出方法 郵便窓口・ポスト投かん
料金 360円
形状・重量 厚さ3cm・重さ4kg以内
配達方法 郵便受箱へ配達
日曜日・祝日 配達する
追跡サービス 追跡あり
信書の送付 送付可能


レターパックプラス


利用条件

  • 重さが4kgを超えるものは引受不可
  • 配達証がはがれているものは引受不可
  • 封筒の一部加工、一部切取りをしたものは引受不可
  • 配送途中に事故があった場合でも、損害賠償はありません
  • 現金・貴金属等の貴重品は送付不可
  • 交付記録郵便以外のオプションサービスは利用不可
  • 返金および換金や印紙との交換不可
  • 海外あては送付不可


サービス概要

差出方法 郵便窓口・ポスト投かん
料金 510円
形状・重量
封緘できれば重さ4kg以内
配達方法 対面配達
日曜日・祝日 配達する
追跡サービス 追跡あり
信書の送付 送付可能


注意点

全体的に言える事ですが、特にレターパックプラスに多いのが、厚さ制限がないので、かなり無理やり入れて封を補強してるケースが多いです。
封を補強する事自体は問題ではありませんし、できれば補強していただいたほうが良いと思いますが、補強する際は粘着テープが表面の料額印面にかからないようご注意ください。

料金額面が見えないと引受けを断られる場合もありますし、剥がした際に料金額面が破損する事も考えられ、破損具合にもよりますが、大幅に破損していれば引受けを断られる場合もあります。

日本郵便のレターパック利用条件にも料額印面が汚染し、またはき損されたレターパックはお引き受けおよび交換できません。とあります。

引受できないだけなら交換すればと思いますが、交換もできないとなればただのゴミになりますので、くれぐれもご注意ください。