日本全国の風景印を集めよう

お年玉の梱包方法・発送方法・送料比較まとめ

元郵便局員がこっそり教える!お年玉を安く送るための梱包・発送方法やサービス別の送料比較を紹介してます。

お年玉

お正月に会えなかったお孫さんに、お年玉を送る人は非常に多いです。
実際、集荷作業を行っている時に、品名欄に「お年玉」と記載されていて、何度か「ゆうパックで現金は送れません」と説明した事もあります。

お年玉が現金の場合、必ず現金書留で送付しなければなりません。


制度の変更

以前は、ゆうパックでも現金を送ることが可能でしたが、平成22年7月1日より制度が変更され、ゆうパックでの現金取り扱いが停止されました。

「昔は送れたから!!」って言われる方もいらっしゃいますが、現在は送れませんのでご注意ください。
日本郵便に関わらず、ヤマト運輸・佐川急便なども含め、その他の配送業者も同様です。


送料比較

発送方法 料金
現金書留 料金詳細

※現金書留の場合、現金書留用の封筒が必要となりますので、送料以外にも現金封筒代金(21円)が必要です。


梱包方法

お年玉の発送で、絶対にやらないといけない事は現金書留で送付する事です。
原則として、現金書留の封筒に入らない場合に限り定形外で送付する事も可能ですが、お年玉だけであれば現金書留の封筒に入ると思います。


必要な梱包資材

現金書留の封筒です。
価格は21円となり、郵便局の窓口にて購入する事が可能です。
コンビニなどでは購入できません。


梱包手順

今さら人に聞けない!現金書留を絶対に失敗せずに送付する方法を元郵便局員が解説します


注意点

原則として現金を送付する場合、専用の封筒に入れて現金書留で送付する必要がありますが、現金書留の封筒に入りきれない場合のみ定形外の現金書留で送付する事ができます。

必ず現金を送付する場合、現金書留で送付してください。

少し前にレターパックで現金を送付させる詐欺が横行し、日本郵便側のチェック体制も厳しくなっていますので、専用の封筒を購入する手間や送料が高くなるのを嫌がって普通郵便で現金を送付するのは絶対にやめてください。

送付した本人は当然ですが、受取人にもご迷惑をかける結果となる場合があります。