骨壺の発送方法と送料を安くする梱包方法

この記事では
骨壺の発送・梱包方法について
解説しています。
葉書野 ウラ
元郵便局員が教える!骨壺の発送方法と送料を少しでも安くするためにやるべき梱包テクニックを解説します。

骨壺の発送方法

骨壺は危険物に該当しませんので、遺骨の有無にかかわらず全く問題ありません。
品名も「骨壺」で大丈夫です。
遺骨がある場合は、「遺骨」でも大丈夫です。


注意点

ヤマト運輸や佐川急便など宅配業者は日本に数多くありますが、遺骨を取り扱いできるのは日本郵便のゆうパックのみです。
ただし、遺骨は価値がつけられないため、損害賠償の対象外ということを理解した上で発送してください。

参考

送骨については、下記の記事を参考にしてください。
コロナ禍で需要が急拡大している「送骨サービス」利用方法や注意点を解説


ゆうパックで発送する

骨壺をゆうパックで発送する場合は、下記の記事を参考にしてください。
絶対に失敗しない!元払いゆうパックの送り状伝票ラベルの書き方と注意点


着払で発送する

骨壺を着払で発送する場合は、下記の記事を参考にしてください。
絶対に失敗しない!着払いゆうパックの送り状伝票ラベルの書き方と注意点


送料を安くする梱包方法


「遺骨を郵送することは法律的に問題ありでは?」と考える人もいるでしょうが、遺骨を郵送することは問題ありません。
海外に遺骨や位牌を送ることはできませんが、国内に限っていえば全く問題ありません。


必要な梱包資材

骨壺を発送する際は、送骨キットがあれば簡単に梱包できます。
宅配袋は必須なので、Amazon楽天市場で購入してください。
(最寄りのダイソーやセリアでも購入可)


梱包手順



注意点

地下カロートで安置されていた骨壺の場合、地下カロートは湿気が多いので、結露によって骨壺内に水が溜まっている事があります。
必ず蓋を開けて骨壺の中を確認してください。

水が溜まっている場合などは、きちんと処理を行った上で梱包を行ってください。
基本的には、輸送中に骨壺が割れない梱包、蓋などが開いて遺骨がこぼれないようにきちんと固定、ダンボールなどに入れて発送すればすれば問題はありませんが、送り先のお寺やお墓によっては、梱包方法に指示があることもあります。

特別なものなので、きちんと送骨キットなどを活用されることをおすすめします。

参考

送骨については、下記の記事を参考にしてください。
コロナ禍で需要が急拡大している「送骨サービス」利用方法や注意点を解説