ゆうメールを着払いで発送する方法を元郵便局員がわかりやすく解説します

ゆうメールの着払いについて、元郵便局員がわかりやすく解説します。
特別な契約も必要ありませんし、ポスト投函による送付も可能となっておりますので、誰でも簡単に出来る方法を紹介してます。

ゆうメール

ゆうパケットは日本郵便が提供しているサービスです。

ゆうメールとは冊子とした印刷物やCD、DVDなどの電磁的記録媒体を、安い運賃でお届けするサービスです。
書籍やカタログに限らず、冊子とした印刷物一般の送付にご利用いただけます。
ポスト投かんも可能です。(信書は送付できません)

 

ゆうメール送付時のルール

  • 縦・横・高さの合計が1.7m以内
  • 重さは3kg以内
  • 外装の見やすい所に「ゆうメール」又はこれに相当する文字を表示
  • 内容品が確認できるようにする

 

内容品の確認が必要

以下の方法により内容品が確認できるようにして差出してください。

  • 封筒又は袋の納入口などの一部を開く
  • 内容品の大部分を透視できるように包装の外部に無色透明の部分を設ける
  • 内容品の見本を差出郵便局で提示する

 

送付可能な物

ゆうメールは送付可能な内容物に制限がありますの、原則的に冊子とした印刷物又は電磁的記録媒体を内容とするものに限ります。
書籍・雑誌、商品カタログ、会報、各種マニュアル等、カレンダー等、CD/DVD等。
信書を内容品とすることはできませんが、内容物に関する簡単なあいさつ状や添え状や送り状は同封する事ができます。

 

違反行為

ゆうメールは料金が安いので、本来送付できない物品を送付してる業者や個人をよく見かけますが、完全にアウトな行為なのでやめましょう。


どの局でもそういう行為はある程度把握してますので、あまりに目に余る行為の場合は「特約契約解除」「厳重注意」「引受拒否」を行われる場合もあります。


着払いの時のQ&A


ゆうメールの着払いってどうすれば?

窓口で発送する際には窓口で、「着払いでお願いします」と伝えれば大丈夫です。
ポスト投函する場合は、該当の郵便物に赤文字で「ゆうメール着払い」と記載してください。


特別な契約は必要?

いいえ、誰でも送る事が可能です。


ポスト投函で大丈夫?

はい、大丈夫です。
ゆうメールの着払いである事がわかる状態にしてください。
ゆうメールの表記がないと普通郵便とみなされ、料金不足扱いとなり差出人に返還されてきますのでご注意ください。
差出人の住所が記載されていなくて返還ができない場合、該当の局で一定期間保管されています。


着払い用のシールがありますよね?

はい、窓口から発送手続きを行う際に貼ります。
自分で着払いのシールを貼る場合、窓口に申し出れば無料で貰う事ができます。

 

便利グッズ

ゆうメールを発送する際、郵便物に「ゆうメール」と表記する必要があります。
現状としては「手書き」「スタンプ」「シール」の3択になりますので、以下によく使われている便利なグッズを紹介します。

追記:料金改定

ゆうメールの料金が改定されました。(2017/5/31追記)
郵便料金の値上げと新規格の設置


追記:ゆうメール規格外の廃止

ゆうメールの規格外が廃止されました。(2018/8/24追記)
2018年9月1日から郵便局で実施されるサービス内容の変更点まとめ!ポイントは「値上げ」「廃止」「低下」「メンテ」


追記:「着払い」スタンプ

着払いの記載ついて追記しました。(2018/9/11追記)
「着払いの記載は手書きでも問題はありませんか?」というお問い合わせを多数いただきますが、基本的に手書きで記載しても問題はありません。
一般的にはスタンプを使う方が多いので、以下に参考として紹介します。

コメントを残す