日本全国の風景印を集めよう

安く荷物を送るなら特約契約する前に料金後納にして下さい!料金後納の条件や担保について元郵便局員が解説します。

特約契約と料金後納契約を混同してる人がたくさんいらっしゃいますが、似てますが基本的に全く別となります。
日本郵便のHPが少しわかりにくかったので、かみ砕いて解説させていただきます。

料金後納

料金後納とは、1ヵ月間に差し出された郵便物や荷物の料金を翌月にまとめてお支払いできるサービスです。
特約契約とは、一定の条件を満たすことで荷物の料金が少し安くなる契約で、料金後納と混同しがちですが全くの別の契約になります。


ご利用条件

特約に関してはまた別の機会に紹介しますので、今回は料金後納のご利用条件(契約条件)について解説します。

契約の条件として以下の3点が必須項目です。

  • 郵便物・荷物を毎月50通(個)以上差出す
  • 事前に郵便局の承認が必要
  • 1ヵ月に利用する料金の概算額の2倍の担保を提出

担保については色々規定がありますが、原則として現金・有価証券・その他が必要となります。
その他に関しては局単位や利用金額によりことなりますので、原則として法人様の契約の場合に限り現金・有価証券とは別に郵便局側から証明を掲示を求められた場合は対応してください。

個人の場合、1ヵ月の利用概算額が50万円未満のに限り、1ヵ月の概算額を下回らない額で最低10万円以上の預金残高を確認できる通帳のコピーなどで大丈夫です。
一番スムーズなのは、引き落としの口座をゆうちょにして、そのゆうちょ口座に一定額(1ヵ月の利用概算予定額の2倍)の金額を入金しておけば問題ないです。


本人確認書類

法人契約・個人契約により提出する書類が異なります。

 

法人契約

登記簿謄本・印鑑証明など。
1ヵ月のご利用概算額が50万未満の場合、会社の名刺、パンフレット、公共料金の請求書・領収書、預金通帳でも大丈夫です。

 

個人契約

運転免許証、保険証、マイナンバーカード、住民票、パスポートなど。
1ヵ月のご利用概算額が50万未満の場合、公共料金の請求書・領収書、預金通帳でも大丈夫です。


お申込み時の注意点

料金後納契約の申請しても必ず利用できるわけではなく、書類の不備や今までの利用状況により契約を断られる場合も当然あります。

中でも一番多いのは1ヵ月の差出通数(個数)の取り扱い基準が満たされていない事が多く、間違いなく基準を満たすためには以下の個数を参考にしてください。

  • 郵便物:50通以上
  • ゆうパック:10個以上
  • EMS:4個以上
補足
上記のいずれかの条件を満たしておけば、差出通数(個数)の取り扱い基準に関してはクリアできます。

 

お申込み~利用開始まで

後納契約を行いたい場合、最寄りの集配郵便局へ電話して「後納契約を行いたい」と伝えます。
どこに連絡していいか分からない場合、自宅に郵便物を届けてる郵便局員を玄関先で捕まえて「後納契約を行いたい」と伝えれば大丈夫です。

STEP.1
郵便局に連絡
最寄りの集配郵便局に連絡し、「後納契約を行いたい」と伝えます。
STEP.2
書類の送付
必要書類を郵送されるか、配達担当者が配達してくれます。
STEP.3
書類の作成
書類に必要事項を記入し、添付する書類を用意し提出します。
STEP.4
利用の有無
書類を元に簡単な審査があります。
STEP.5
ビズカードの発行
契約が可能であればビズカードが送付されてきますので、送付されてきた日から利用する事が可能です。
 
後納契約時に特約の話もあると思いますが、今回は料金後納のみの契約として、特約についてはまた別の記事できちんと解説します。
その際に「ゆうぷりR」も同時にお申込みされると良いと思います。
差出方法や細かい規定は説明されますし、簡単なご利用ガイドをくれると思います。

補足
状況により異なりますが、基本的にお申込み~ビズカードが手元に届くまで1ヵ月前後と考えてください。


お支払い方法

現状では以下の2つしかありません。

  • 指定口座への振込
  • 自分の口座からの振替
 
クレジットカード等での支払いはできません。
支払い方法が多様化すれば便利になると思いますが、荷物の代引きもカード払いできないので無理かなと思います。


後納スタンプ

created by Rinker
¥1,968 (2019/10/15 05:25:31時点 楽天市場調べ-詳細)
created by Rinker
¥1,880 (2019/10/14 14:43:08時点 楽天市場調べ-詳細)
created by Rinker
¥561 (2019/10/14 21:13:58時点 楽天市場調べ-詳細)
補足
通常の郵便物を送付する際、郵便物に切手を貼付するのが当たり前ですが、それと同様にお客様が郵便物に「料金別納・後納印」を押す事になっており、約款上も同様です。


まとめ

料金後納に関しては比較的簡単に契約できますので、毎回郵便局でお金を払うのが面倒だと感じるからは料金後納をオススメします。
料金後納に関してご不明な点があれば、最寄りの集配郵便局へお問い合せください。
個人的にわかる範囲であれば回答できますので、お問い合わせいただければ対応させていただきます。


追記:WEBゆうプリについて

WEBゆうプリについて記事を追加しました。(2018/4/11追記)
日本郵便が提供するWebゆうプリとタックシールで綺麗な宛名シールを誰でも簡単に作る方法


追記:特約契約について

特約契約について記事を追加しました。(2018/5/20追記)
元郵便局員だから言える!発送コストを最大70%以上抑える 「最も賢い特約契約の結び方」と「料金の算出方法」


追記:後納契約の必要書類

後納契約の必要書類と記入方法について記事を追加しました。(2018/10/6追記)
料金後納関連の各種書類と記入例を元郵便局員が解説します(必要書類のダウンロード可)

2 COMMENTS

Kaze

拝見させていただきました。
料金後納を利用すると、割引は受けられるのでしょうか。

現在コメントは受け付けておりません。