絶対に失敗しない!別納郵便物差出票の書き方と注意点を元郵便局員が解説します

別納郵便物差出票は、通常の郵便物を料金別納で発送する際に必ず郵便物と一緒に提出する必要があります。
別納差出票の書き方と一般的に間違えやすい注意点について元郵便局員が解説します。

別納郵便物差出票

普通郵便を別納で差出する場合、別納郵便物差出票を郵便物と提出する必要があります。

後納差出票はパソコンなどで差出票を自作しても問題ありませんが、別納差出票は原則的に決められた以下の差出票しか使用できませんのでご注意ください。

※ 差出票は、郵便物の差出を行う人が記入しなければなりません。
 

参考

以下に料金別納郵便の手続き方法について記事を書いております。
料金別納郵便の手続き方法


別納郵便物差出票の書き方

別納郵便物差出票には記入項目が多く見えますが、実際に差出しを行う際に記入すべき内容は全体の半分くらいとなります。
記入すべき項目と記入すべき内容を項目ごとに解説します。


差出人の住所・氏名


 

注意点
ゴム印などがあればゴム印を押すだけでも問題ありませんが、ゴム印の場合は必ず2枚目にも押すようにしてください。
手書きの場合は、上記のように記入すれば問題ありません。
一般のお客様の場合は、発送代行業者を記入する必要はありませんので無記入で問題ありません。


差出年月日・支払い方法


 

注意
差出年月日は、差出しを行う当日の日付を書いてください。
必ず領収書と差出票の日付を合わせないといけません。
支払い方法は「現金」「証紙」「切手」「小切手」から選択できますが、一部サービスは切手での支払いができなくなりますのでご注意ください。
 

参考

以下に料金割引郵便物等の料金支払方法の変更について記事を書いております。
料金割引郵便物等の料金支払方法の変更により料金別納の一部サービスで切手での支払いが2019年1月1日より不可になります


郵便種別


 

注意
一般的な郵便物の種類は、「定形」「定形外」という書き方で問題ありませんが、「広告ハガキ」や「区内特別郵便」はきちんとその旨を書くようにしてください。
特殊取扱とは、「書留」「速達」「特別記録」などが該当し、なければ無記入のままで問題ありません。
書留の場合、「簡易」か「一般」かを明記してください。
重量は、日本郵便で定められている価格帯を基準にし、重量別に通数を記載してください。
地帯は、記入しなくても問題ありません。
1通の料金等は、封便物等の1通の金額を書く必要がありますが、特殊取扱を行う場合、特殊取扱料金も含めた金額を書いてください。
差出通数と合計金額は、一番下の計の部分も忘れずに書いてください。


記入ミス・訂正印


 

注意
書き間違えた場合は、書き間違えた箇所を二重線で消した上に訂正を押して、枠内にフルネームか印鑑を押す必要があります。
印鑑で訂正する場合、二枚目も訂正する必要があります。


注意点

上記の項目は、送付手続き前に差出人が記載しておくべき項目です。
定期的に別納差出票を使って郵便物を送付される方は、あらかじめ窓口で別納差出票を多めに貰ってください。
料金後納や後納ポストインにすれば効率は良くなると思います。
 

参考

以下に料金後納や後納ポストインについて記事を書いております。
安く荷物を送るなら特約契約する前に料金後納にして下さい!料金後納の条件や担保について元郵便局員が解説します。 料金後納関連の各種書類と記入例を元郵便局員が解説します(必要書類のダウンロード可) 郵便物の集荷廃止に伴って郵便局が後納ポストインを推奨してるので元郵便局員が良い点と悪い点を詳しく解説します


よくある質問と回答

 

郵便物に別納表示を行いたいのですが、差出事業所名とは何ですか?

差出しを行った局名です。
差出事業所名は明記しなくても全く問題ありませんので、「別納」だけ表示してください。

 

大口割の種類と割引率を教えてください。

大きく分けると「広告郵便物」「区分郵便物」「バーコード付郵便物」「郵便区内特別郵便物」があります。
割引の適応条件や割引率は、差出予定の郵便物により全く異なります。

 

普通郵便の特約ってありますか?

ありません。
大口・法人向け割引を適応すれば安く発送できますが、それぞれに細かい条件があります。

 

広告ハガキを差出しする際、毎回見本を出さないといけませんか?

担当局により異なりますが、原則として事前に提出する必要があります。

 

別納差出票の「通数検査」とは、1通づつ数えるんですか?

100通以下であれば実数で数えますが、それ以上は重量換算で計測します。


別納印

created by Rinker
¥4,114 (2018/11/17 08:01:00時点 楽天市場調べ-詳細)

コメントを残す