日本全国の風景印を集めよう

ぬいぐるみの梱包方法・発送方法・送料比較まとめ

元郵便局員がこっそり教える!ぬいぐるみを安く送るための梱包・発送方法やサービス別の送料比較を紹介してます。

ぬいぐるみ

ぬいぐるみには色々な大きさや種類があり、大きさにより梱包方法や発送方法が大きく異なります。
サイズが大きいのであれば「ゆうパック」や「宅急便」になりますが、中サイズであれば宅急便コンパクト、小サイズであれば「ゆうパケット」「クリックポスト」が便利です。


ワンポイント

定形外郵便であれば色々なサイズのぬいぐるみ発送する事ができますが、高価なぬいぐるみや一点もののぬいぐるみであれば「書留」で発送される事をおすすめします。
状況によっては、書留で送るより「ゆうパック」のほうが安い場合もありますので、事前に送料を調べたほうが無難です。


送料比較

発送方法 料金
定形外郵便 料金詳細
クリックポスト 188 円
ゆうパケット 料金詳細
ゆうゆうメルカリ便 料金詳細
らくらくメルカリ便 料金詳細
ラクマパック 料金詳細
ゆうパック 料金詳細
宅急便 料金詳細

メルカリやラクマで売れた場合、メルカリ便やラクマパックのゆうパックを利用すると送料が安いです。
大きさにもよりますが、それ以外であれば「定形外」が安いですが、高額なぬいぐるみや代替品がないような一点ものであれば、価格より万が一の補償を最優先すべきかもしれません。

着払いであれば「着払いゆうパック」で発送するのがよいと思います。
絶対に失敗しない!着払いゆうパックの送り状伝票ラベルの書き方と注意点


梱包方法

ぬいぐるみの梱包で、絶対にやらないといけない事は水濡防止です。
箱や袋に水濡厳禁と書いても、そんなサービスは日本郵便にもヤマト運輸にもないので、必ず袋に入れて水濡れを予防する必要があります。
圧縮して発送する事が多いと思いますが、圧縮しすぎると破損や型崩れの原因ともなりますので注意すべきです。


必要な梱包資材

梱包資材は家にあるもので十分だと思いますが、自分はセーフだと思っても、受取人がアウトと判断すれば評価も悪くなります。
評価やレビューの6割は梱包に関する内容だと言われていますので、下記の梱包材があればスニーカーを丁寧に梱包できます。

created by Rinker
ejapan
¥4,188 (2019/10/15 05:15:28時点 Amazon調べ-詳細)


梱包手順

STEP.1
水濡防止
輸送中に水濡れしないように、ナイロンで包みます。
STEP.2
圧縮作業
ナイロンで包む際に、チャック付きの袋だと圧縮もできて便利です。
圧縮する事でコンパクトになり、少しでもサイズを小さくすることで送料もやすくなりますが、過度にやりすぎると破損や型崩れの原因にもなります。
STEP.3
隙間を埋める
隙間にエアピロを詰める事で、輸送時の破損防止にもなります。
隙間を埋めたら、ミラーマットを上部に置いて蓋をします。
STEP.4
完了
ここまできちんと梱包すれば、梱包によるトラブルはないと思います。


注意点

ぬいぐるみ全般に言えることですが、写真のみでの判断というのが最大の難点です。
見た目は写真を過度に加工されていなければ確認できますが、写真では匂いまで確認できません。

特にトラブルが多いのが、ぬいぐるみのペット臭やたばこ臭です。
ペットを飼っている人と飼っていない人が感じるペット臭、たばこと吸う人と吸わない人が感じるたばこ臭はかなり違います。
その感じる匂いの差がトラブルになりますので、必ず商品説明欄に「ペット飼ってます」「喫煙者います」という事を明記しておくことが大事だと思います。

特に動物系はアレルギーもありますので注意が必要です。

他にも商品の状態が良ければ購入率もアップするので、「購入して数年経過してても見た目がいいので新品」「飾ってただけなので未使用に近い」というのが多いです。

ネットでぬいぐの購入する際、十分にご注意ください。