ゆうパケットを着払いで発送する方法を元郵便局員がわかりやすく解説します

ゆうパケットの着払いについて、元郵便局員がわかりやすく解説します。
特別な契約も必要ありませんし、ポスト投函による送付も可能となっておりますので、誰でも簡単に出来る方法を紹介してます。

ゆうパケット

ゆうパケットは日本郵便が提供しているサービスです。

ゆうパケットとは、小さな荷物を発送するのに簡単便利安くお届けできます。
フリマアプリやオークションの利用者が年々増加してますが、利用者の増加と共にゆうパケットの取引件数も右肩上がりで増えています。
ポスト投かんも可能です。(信書は送付できません)

 

ゆうパケットの特徴

三辺計60cm、長辺34cm、厚さ3cmまでの小さな荷物を送ることができます。

料金もサイズ別に全国一律料金で、ポスト投函も可能となっていますが、到着まで少し時間がかかります。

日曜日・祝日も配達されます。

普通郵便やゆうメールと異なって、
元々は法人契約のみだったサービスが一般的に解禁されて、フリマアプリの普及で今後も利用が大きく伸びるサービスだと思います。


着払いの時のQ&A

以下の内容以外にご不明な点がございましたら、お問い合せよりご質問ください。

ゆうパケットの着払いってどうすればいいですか?

窓口で発送する際には窓口で、「着払いでお願いします」と伝えれば大丈夫です。
ポスト投函する場合は、赤文字で「着払い」と記載してください。


特別な契約は必要ですか?

いいえ、誰でも送る事が可能です。


ポスト投函で大丈夫?

はい、大丈夫です。
大丈夫ですが着払いである事がわかる状態にしてください。
着払いの表記がないと料金不足扱いとなり、差出人に返還されてきますのでご注意ください。
差出人の住所が記載されていなくて返還ができない場合は、該当の局で一定期間保管されています。


ゆうパケットは、郵便みたいに手書きのラベルでも大丈夫ですか??

ゆうパケットは追跡番号がありますので、専用のラベルが必要となります。
専用のラベルを貼付せずに、荷物に直接宛先を記載し発送した場合、普通郵便として処理されます。
専用のラベルは郵便局の窓口に行けば無料で貰えますが、コンビニでは貰えませんのでご注意ください。


着払い用のシールがありますよね?

はい、窓口から発送手続きを行う際に貼ります。
自分で着払いのシールを貼る場合、窓口に申し出れば無料で貰う事ができます。


便利グッズ

ゆうパケットを発送する際、特に厚さと重量に注意する必要があります。
以下によく使われている便利なグッズを紹介します。


追記:厚さ測定定規の作成方法

厚さ測定定規の作成方法(2018/4/19追記)
限りなく現物と同じネコポス・ゆうパケット用のスケール(厚さ測定定規)を誰でも5分で作成する方法を紹介!


追記:厚さ測定定規の販売開始

厚さ測定定規の販売開始(2018/5/18追記)
ハガキのウラの郵便情報が「宛名シール」と「厚さ測定定規」の販売を開始しました。


追記:100円で買える厚さ測定定規

100円で買える厚さ測定定規(2018/8/4追記)
たった3秒の手間と100円アイテムでサイズオーバーによる差出人返還や発送トラブルを簡単・確実に防止する方法

2 Comments

ハガキのウラ ハガキのウラ

こんにちは。
赤文字で「着払い」と記載して投かんした場合、料金の記載は不要です。
引受局にて「サイズ計測」「着払のシールを貼付」「料金の記入」を行って宛先に送付しますので、ポスト投かん時は「着払」だけ記載されていれば問題ありません。

参考になれば幸いです。

返信する
heiwa777

初めまして。

ゆうパケットの着払いの件ですが、

>ポスト投函する場合は、赤文字で「着払い」と記載してください。
  ↑

着払いシールですと、料金を書き込みますが、

赤文字で「着払い」と記載して投函する場合、料金の記載はしなくて
大丈夫でしょうか?

料金の記載はしなくても、局員が大きさ等を判断して料金を徴収するのでしょうか?

返信する

コメントを残す