お知らせ

元郵便局員が教える!引受時刻証明の郵送方法と注意点

この記事では
引受時刻証明の郵送方法について
解説しています。
葉書野 ウラ
引受時刻証明の郵送方法と注意点について元郵便局員がわかりやすく解説します。

引受時刻証明とは?

引受時刻証明とは、特許や実用新案、意匠及び商標登録の出願のように、郵便物の差出時刻が権利の得失又は優先順に影響を及ぼす場合に、一般書留とした郵便物の引受時刻(分単位、秒は切り上げ)を証明するサービスです。

引受時刻証明は一般書留とする必要がありますので、万が一、郵便事故(紛失・破損・汚損など)が発生した場合、原則として500万円までの実損額が賠償されますが、内容とする現金の額(現金以外のものは時価)を超えて申し出ることはできません。
損害要償額のお申し出がない場合、一般書留は10万円が上限となります。

参考

一般書留については、下記の記事を参考にしてください。
元郵便局員が教える!一般書留の郵送方法と注意点


対応サービス

引受時刻証明は全てのサービスで利用できるわけではなく、下記のサービスのみ利用可能です。

  • 定形郵便
  • 定形外郵便
  • ミニレター
  • 葉書
  • 第三種郵便
  • 第四種郵便
  • ゆうメール
  • 心身障がい者用ゆうメール


併用可能なオプション

引受時刻証明と併用可能なオプションは、下記のサービスになります。

 
注意
引受時刻証明を利用する際は、一般書留とする必要があります。
簡易書留とすることはできません。


引受時刻証明の郵送方法


お客さま

引受時刻証明でお願いします。
はい、かしこまりました。
〇〇〇円になります。

局員(窓口)


郵送したい郵便物をもって最寄りの郵便局の窓口に行き、「引受時刻証明でお願いします」と伝え、その場で料金を支払えば完了です。
難しく考える必要はありませんし、誰でも利用できます。

引受時刻証明は一般書留にする必要がありますので、レシートに追跡番号が記載されます。
追跡番号により配達の状況がいつでも確認できます。
局によっては手書きの「書留・配達記録郵便物等受領証」を渡される場合もありますが、現在はレシートが「書留・配達記録郵便物等受領証」になっています。


注意点

下記の「書留・特定記録郵便物等差出票」の記入を求められることがありますので、その場合、差出人と受取人の名前だけ記入してください。
局によっては、別の書式で控えを出してくれる場合もありますので、必ずしも記入を求められるわけではありません。


よくある質問と回答

葉書野 ウラ
「引受時刻証明」に関するよくある質問と回答です。

切手を貼れば、ポスト投かんによる差出しは可能ですか?

引受時刻証明は、ポスト投かんによる差出しはできません。
郵便局の窓口からのみ差出しが可能です。


引受時刻証明は、日曜日・祝日も配達されますか?

一般書留とする必要がありますので、日曜日・祝日も配達されます。


コンビニからも差出しできますか?

郵便局の窓口からのみ可能です。


手渡しで配達されますか?

一般書留とする必要がありますので、受け渡しの際に受領印またはサインが必要となります。


引受時刻証明ってどのような場合に使われますか?

特許や実用新案、意匠及び商標登録の出願のように、郵便物の差出時刻が権利の得失につながる場合に利用されるケースが多いです。


料金の計算方法を教えてください。