日本全国の風景印を集めよう

USBメモリの梱包方法・発送方法・送料比較まとめ

元郵便局員がこっそり教える!USBメモリを安く送るための梱包・発送方法やサービス別の送料比較を紹介してます。

USBメモリー

USBメモリは小型なので、色々な発送方法を選択する事ができます。
一度に大量発送するのであれば別ですが、個人間の売買であれば「普通郵便」「スマートレター」「レターパックライト」「ゆうパケット」「クリックポスト」を利用される事が多いです。

UEBメモリは小型で重量も10g前後のものが多いので、定形郵便で発送できると考えている方も多いのですが、定形郵便は厚みが1cmを超えたら定形外として取り扱いされますのでご注意ください。


送料比較

発送方法 料金
普通郵便 料金詳細
スマートレター 180 円
ゆうメール(150g) 180 円
クリックポスト 188 円
ゆうパケット(2cm) 310 円
レターパックライト 370 円
レターパックプラス 520 円
ゆうゆうメルカリ便 175 円(ゆうパケット)
らくらくメルカリ便 195 円(ネコポス)
ラクマパック(日本郵便) 179 円(ゆうパケット)
ラクマパック(ヤマト運輸) 200 円(ネコポス)

価格だけで判断するなら「スマートレター」「ゆうメール」が一番安いですが、追跡情報も補償もありません。
メルカリやラクマで売れた場合、メルカリ便やラクマパックのゆうパケットを利用すると送料が安いです。

一度に送付する枚数や商品の販売価格にもよりますが、重要なデータが保存されているのであれば送料より万が一の補償を優先すべきです。

着払いは「ゆうパケット」か「ゆうメール」で発送するのがよいと思います。
ゆうパケットを着払いで発送する方法を元郵便局員がわかりやすく解説します ゆうメールを着払いで発送する方法を元郵便局員がわかりやすく解説します

追記:
ゆうメールでの送付に関するお問い合わせをいただきましたが、USBメモリは「電磁的記録媒体」に該当するのでゆうメールでの送付が可能です。
念のために最寄りの郵便局にて確認しましたが、同様の回答でした。


梱包方法

USBメモリの梱包で、絶対にやらないといけない事は水濡防止です。
封筒や袋に水濡厳禁と書いても、そんなサービスは日本郵便にもヤマト運輸にもないので、きちんとした梱包を自分で行う必要があります。


必要な梱包資材

梱包資材は家にあるもので十分だと思いますが、自分はセーフだと思っても、受取人がアウトと判断すれば評価も悪くなります。
評価やレビューの6割は梱包に関する内容だと言われていますので、下記の梱包材があればTシャツを丁寧に梱包できます。


梱包手順

STEP.1
破損防止
USBメモリは精密機械なので、最低でもエアキャップで包む必要があります。
STEP.2
水濡防止
水濡防止としてチャック付きの袋にいれます。
STEP.4
封筒に入れて完了
この梱包だと厚さ2cm以内で梱包できます。
補足
クリックポストやメルカリ便で発送する場合、厚みに少し余裕があるので、クッション封筒を使うと完璧だと思います。
クッション封筒も薄型などがありますので、頻繁に発送されるのであれば準備しておくといいかもしれません。
created by Rinker
AdHoc
¥1,897 (2019/10/14 14:05:59時点 Amazon調べ-詳細)


注意点

コンピューターウイルスに感染しているUSBメモリーなどの外部の記憶媒体を、自分のパソコンに挿すことでコンピューターウイルスに感染する場合もありますので、中古品や人から借りたUSBメモリーなどを使うときは注意してください。

逆にデータを削除しても、ほとんどのケースで中古のUSBメモリから過去のデータが取得可能な状態になっているケースが多いので、中古で販売する場合は情報漏洩にも注意してください。

USBメモリは高いものでもありませんので、アマゾンや最寄りの家電量販店でご購入するほうがリスクが低いと言えます。